AKB48・板野友美も来たって!

志村けんの誕生日会に愛人大集結!? それでも“復讐”されない理由

shimuraken.jpg
『志村流―金・ビジネス・人生の成功
哲学』/マガジンハウス

 モデル・菜々緒のオフィシャルブログに、1月20日に行われた志村けんの誕生日会の様子がつづられている。アップされた写真を見ると、優香をはじめ、押切もえ、中山秀征、森下悠里、TBS田中みな実アナウンサーなど豪華な顔ぶれが集結。また26日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)も、誕生日会の詳細を報じており、志村は中座したAKB48・板野友美を、わざわざ店の入り口まで見送りしていたという。

 近年の志村といえば、前出の優香やセクシータレントみひろとの交際のうわさが取り沙汰されているが、相変わらず結婚のそぶりは一切見せていない。みひろとは最近でも目撃談があることから、交際の有無は定かでないものの、現在も定期的に食事をする仲ではあるようだ。

「優香はグラビアが下火になった時期も、相変わらず志村の番組にレギュラー出演を続けていたし、みひろにしてもAVで人気はありましたが、普通にテレビに出演するようになったのは、間違いなく志村のバックアップがあったから。お気に入りのタレントを自分の企画に起用するというのは、大物芸能人がよくやるパターンですが、志村の場合は、古くはいしのようこや渡辺美奈代、小林恵美なんかも“お気に入り”として名前が挙がったタレントです」(週刊誌記者)

 ともすれば、大量の愛人を囲っているかのようにも見えてしまうが、志村はそうしたウワサさえ立てない「絶妙なバランス」を保つことができているようだ。

「志村さんが女好きというのは公然たる事実ですが、あれだけ遊び回っていても、これまで一度も女性に“復讐”されたことがない。先日、週刊誌で郷ひろみの愛人だった女性が交際を暴露していましたが、どれだけ大金を渡していたとしても、女性が芸能人を告発するケースは後を絶たない。ところが志村さんのすごいところは、普通なら付き合いを隠すのに、堂々と自分の仕事で共演してしまうところ。下心とかいう以前に、根っからの世話好きなのでしょうね」(同)

 確かに、番組やこうしたパーティーに複数の“愛人”を招待することなど、まずあり得ない話。芸能プロ幹部も、「志村クラスの大御所芸能人は、普通愛人の存在をひた隠しにしている」と語る。

「有名俳優のNは海外ロケが入ると、喜んで現地に愛人を呼びつけるといわれています。また、大物司会者のSは、愛人を完全にモノ扱いで、会いたい時に好き勝手に呼び出して、用事が済めばすぐ追い返す。2人とも月に100万円ほどの小遣いを“口止め料”として渡しているそうですが、その女性たちは周囲の関係者に愚痴をこぼしていますよ」(芸能プロ幹部)

 となると、幅広い交友関係を持つ志村に、このようなキナ臭い話が一切聞こえてこないのはなぜなのだろうか。

「名前が挙がった女性タレントと、男女の関係がないわけはないのでしょうが……。遊ぶにしてもきちんと向き合って、信頼関係を築いているのでしょうね」(同)

 仕事もプライベートも、スマートにこなしているという志村。彼の周りに人が集まってくるのは当然なのかもしれない。

銭ゲバに捕まったカトちゃんがいよいよ哀れ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク