[スター☆マル秘報告書]

「いつも同じ格好」のデンゼル・ワシントン、やっぱりジャージ&NBシューズ

――海外セレブの来日プロモーション。本国ではパパラッチに追われる彼らも、日本では束の間の自由を謳歌! しかしそれゆえ、日本滞在をお世話するスタッフたちの苦労は多いんだとか。セレブの素の姿を知る関係者から話を聞き出し、コッソリお伝えする「スター☆マル秘報告書」!

 主演映画『フライト』(3月1日公開)のキャンペーンで来日したデンゼル・ワシントン。アカデミー賞主演男優賞候補になったこの作品で熱演した名優は、プライベートジェットでパブリシストと来日。監督ロバート・ゼメキス、プロデューサー夫妻も来日していましたが、個別で日本に来たようです。

 4年ぶりの来日となったデンゼル。プライベートジェットで来日するほどの超セレブなのに、彼の来日を毎回チェックしている人が言うには、「服装はいつも同じ感じ」だそう。「またあのシャツ着ている……」と思うこともあるんだとか。ところが記者会見に行ったところ、会見ではバリっとスーツで決めていました。さすが名優、公の場ではきちんと……と思ったら、スタッフいわく「一応スーツは着ていますが、ファッションには全然興味ないようです。プレミアの時もシャツだけで行こうとしていたので、『ジャケット着てくださいっ!』とお願いして、やっと着てもらったんですよ。それにスーツでも靴はニューバランスのスニーカーでした」とのこと。ちなみに控室に戻ると、速攻でジャージに着替えていたそうです。億単位のギャラを稼ぐスター俳優なのに、ジャージとは! デンゼルは、ゆるゆるなお気楽ファッションが好きなんですね。

 そしてもう1つの驚きは、なんとデンゼルまで「すきやばし次郎に行きたい」と言っていたことです。すきやばし次郎を愛するセレブといえば、ヒュー・ジャックマン。彼がハリウッドですきやばし次郎のPRでもしているのかと思ったら、ドキュメンタリー映画『二郎は鮨の夢を見る』を見た自分の息子から話を聞いて、「ぜひ行ってみたい、食べてみたい」と思ったんだそう。で残念ながら、ハードスケジュールで思いは叶わなかったようですが……。

 来日スケジュールは2泊3日だったため、オフはほとんどなし。ゼメキス監督はデンゼルより1日早く来日して、浅草観光などをしていたそうです。それにしても、アカデミー賞受賞式直前に来日してくれるなんて、大物の余裕ですね。「オスカーを受賞したら、受賞スピーチで、アリガトウって日本語で言うよ」と言っていましたが、受賞ならず残念! とはいえ、ワガママも言わず、取材に協力的なデンゼルは、宣伝スタッフにとってはありがたい大スター。また是非来日してほしいですね、すきやばし次郎も待っていますよ、きっと!

斎藤 香(さいとう・かおり)
映画好きが高じて、映画誌編集者を経てフリーランスライターに。ハリウッドセレブや韓流スターの来日現場でマル秘ネタを連日情報収集。All aboutの映画ガイド担当。

すし台所家渋谷店ならサイ女の庭だよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー