最高にオシャレなおっさん!

桑田佳祐、「三枚目キャラは照れ隠し」! 業界関係者からの評判と素顔


やだ~桑田さん若いっ!

 フジテレビ系木曜劇場『最高の離婚』の主題歌「Yin Yang」を担当している桑田佳祐が、瑛太、尾野真千子、真木よう子、綾野剛が妖艶に踊る、同ドラマのエンディング映像に登場すると報じられた。この夢のコラボレーションは、昨年末にエンディング映像を撮影した時から話が出ていたもので、放送を見てすっかり『最高の離婚』ファンになった桑田が快諾し、実現に至ったという。

 デビュー当時からメディアを通して、その類い稀なる音楽性だけではなく、時には過剰なまでのサービス精神でパフォーマンスを行う桑田だが、その人柄はどんなものなのだろうか? デビュー当時から桑田のことを知る音楽関係者はこう語る。

「とにかくおとなしい真面目な人ですよ。あの三枚目を装うパフォーマンスは、完全に彼の照れ隠しです。サザンオールスターズのデビュー当時は、Char、原田真二、世良公則&ツイストなどロック要素を持ち込んだアーティストが続々と出てきましたが、みんなアイドルを意識してビジュアル込みの戦略で売り出していました。そんな中、サザンは決して二枚目とは言い難い桑田がフロントマン、デビュー曲『勝手にシンドバット』の衣装もメンバー全員ジョギングパンツという奇抜さ。テレビ出演時やライブで被り物をしたり、コスプレをしたり、女性ダンサーに絡んだりする行為や下ネタ好きの三枚目キャラは、全て彼なりの表現手段だと思います」

 色物扱いされて消えてしまってもおかしくはなかったが、その後長きにわたって「キング・オブ・Jポップ」の頂点に君臨し続けている桑田。2010年には初期の食道癌を患っている事が発覚したが、その年の『NHK紅白歌合戦』で復活を果たし、11年からは制作も再開、昨年は5年振りのツアーを全10都市22公演行うまでに至った。そこには、サザンのメンバーとして、また妻としての原由子の存在がやはり大きいのだろうか? 

「今の桑田の成功は、やはり奥さんの由子さんの力が負うところは大きいと思います。青山学院の学生時代に出会い、音楽の話をしていくうちにエリック・クラプトンやリトル・フィート等共通のアーティストが好きな事から意気投合し付き合うようになり、1982年に結婚。2人の子どもにも恵まれ、昨年で結婚30年を迎えました。桑田の繊細で時にセンシティブな心をコントロールできるのは、桑田の全てを知っているハラ坊(原由子の愛称)しかいないでしょうね」(別の音楽関係者)

 所属事務所・アミューズの関係者は、「福山雅治がどんなに頑張って1年間フル稼働で働いてくれても、サザン、桑田さんが稼働する何分の一にしかならない」と功績を評する。モンスター級エンタテイナーだけに、由子夫人の内助の功と事務所を挙げての桑田ケアも相当なものだろう。3月13日には、シングル「Yin Yang」と昨年行われたツアードキュメントのDVD&Blu-rayが同時リリースされる。まだまだ「キング・オブ・Jポップ」の独走は続きそうだ。

カラオケで桑田風に歌うおっさんって、ツッコむべき?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  14. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. ムショ飯はうまいのか?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!