教育機関公認のパクリーティスト

G-DRAGON、「盗作の代表例」として音楽教科書に掲載


『Heartbreaker』/Warner Music

 2月15日、あるツイートが韓国で話題となった。高校2年生用の音楽教科書に、「盗作論争の代表例」としてG-DRAGONの「Butterfly」(2009年発表)が掲載されていると、Twitterに写真付きで投稿されたものだ。写真には、問題となった部分のメロディの楽譜が、オリジナル楽曲とされるOasisの「She’s Electric」(1995年発表)の楽譜と共に載っており、簡単に比較できるようになっている。

 このほか教科書に掲載されていたのは、CNBLUEの「ひとりぼっち」(10年発表)、Vibeの「酒よ」(06年発表)。それぞれ、Ynot?の「青い鳥」(08年発表)と、ABBAの「The Winner Takes It All」(1981年発表)が元ネタ楽曲とされているものだ。いずれの楽曲も、リリース当時にすぐさま盗作疑惑がネット上で取り沙汰され、問題となっている。

 特にG-DRAGONは、「Heartbreaker」がアメリカのヒップホップアーティスト“Flo Rida(フロー・ライダー)”の「Right Round」と酷似しているとして、「Butterfly」以上に大騒ぎになっている。Flo Rida側から告訴されるのではないかとの臆測も飛び交ったが、その後、Flo RidaがG-DRAGONを擁護するコメントを発表。

「来韓公演ではG-DRAGONとのコラボも披露し、『Heartbreaker』の盗作疑惑については本家容認の形で騒ぎは終息しています。しかし、本当に最初からFlo Ridaの許可を得た上で『Heartbreaker』を制作したのかはいまだ謎で、G-DRAGONの所属事務所であるYGエンターテインメントが多額の金を支払って、Flo Rida側に容認の形を取ってもらったとする見方が多いです」(韓流ライター)

 日本の一定の層でも、韓国における盗作・パクリ疑惑騒動が、毎度のことだというのは常識となっている。主に多いのは音楽関連で、メロディやMVの演出構成などが中心だ。また音楽以外では、ファッション雑誌のグラビアのポージングが、海外のものと丸かぶりであるとの指摘も多くなっている。インターネットの発達により、海外の情報がより入りやすくなったのも、盗作・パクリ疑惑の発覚に拍車をかけているだろう。韓国のネットユーザーたちも、盗作・パクリをしていることを前提に、元ネタ探しに精を出している感がある。

 欧米諸国や日本に比べ、著作権に対する意識の低さも否定できないが、毎度毎度、誰かの何かが盗作として問題視されているのに、なぜ減らないのだろうか?

「盗作しても一般大衆にはバレないと高をくくっているわけではなく、逆に『誰かが気づくはず』と確信犯的にパクっている様子がある。問題視されることを計算して、わざと過激な衣装や振り付けをするガールズアイドルや、さほどエロティックでないものを、あえて18禁指定に持っていき大衆の好奇心を煽るノイズマーケティングの手法と同じです」(同)

 元ネタ楽曲を調べるには、歌手の楽曲を聞かねばならず、「これはパクリだ」と教えられれば、疑惑の楽曲を聞いてみたいと思うのが、人の好奇心というものだ。つまりネットユーザーたちは、盗作・パクリ疑惑の問題を提示しながら、実のところ広報に一役買っているのと同様といえる。案外、盗作・パクリを指摘する人がいなくなれば、簡単にこの問題も消えてなくなるのかもしれない。

「盗作は有効なPRツールです」っていう授業?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!