やっぱリンジーは本物か……

「彼女はサイコだった」リンジー・ローハンの元恋人の母が激白

SamanthaLindsay.jpg
サマンサ(左)と付き合っているころの
リンジー(右)はまともだと思ってたのに……

 私生活はトラブル続き、女優としての評価もかんばしくなく、まだ26歳なのに「終わった」と哀れみの目で見られることが多いリンジー・ローハン。4年前、同性の恋人サマンサ・ロンソンと破局したことがきっかけで自暴自棄の生活へ転落していったと伝えられているが、これまで沈黙を守ってきたサマンサの母親がメディア取材に応じ、2人が別れた理由について赤裸々に告白。「リンジーはサイコティックな人間」「娘に危害を加えるのではないかと心配で眠れぬ夜が続いた」と激白した。

 リンジーは20歳の時に、Yahoo!の元CEOテリー・セメルの娘、コートニー・セメルにより同性愛に目覚めたと伝えられている。コートニーによると、「リンジーは女優という仕事柄、女性もイケるということを必死になって隠していた」そうだが、サマンサとの交際を始めるやいなや関係を公にし、バイセクシュアルであることをカミングアウト。サマンサのことを「アタシの旦那」と呼び、2008年夏には婚約寸前とまで騒がれた。しかし、その年の終わりに2人はケンカが増え、警察沙汰にまで発展。09年4月にリンジーはサマンサの家を追い出され、正式な破局を迎えた。

 リンジーが最愛の恋人だったサマンサと別れた理由は、言い寄られることが多いサマンサに対し、リンジーが嫉妬に怒り狂ったからだと報じられてきた。しかし、2人の破局にはサマンサの母親が絡んでいたことが、このたび、明らかになった。

 サマンサの母親でソーシャライツとして知られるアン・デクスター=ジョーンズは、英タブロイド紙「Daily Mail」の取材に対して、08年11月にドバイの超豪華ホテル「アトランティス・ザ・パーム」のグランドオープニングでのリンジーの異常な態度を目の当たりにし、驚愕したと告白。「リンジーと娘を別れさせなくては。不健全な関係を断ち切らなければ、いつか悲劇が起こる」と確信し、2人の関係に介入する決心をしたことを明かした。

 サマンサは、オープニング・パーティーでDJを務め、リンジーとアンもその場に招かれていたのだが、「突然、何の前触れもなく、リンジーが分厚いカーペットの上に身を投げ、寝転がりながら叫び出したの。まるで小さな子どもみたいに」「サマンサやみんなが彼女のことをチヤホヤしなかったことに、怒ったようで」とアンは回想。パーティーには、カイリー・ミノーグやオルセン姉妹、ファッションデザイナーのマシュー・ウィリアムソンら大勢のセレブが出席していたのだが、リンジーは彼らの前でいきなり床に寝転がり、ギャーギャーわめきながらバタバタしたのだという。アンは、「典型的な精神病的行動だと思ったわ。リンジーを部屋の隅に連れて行き、見世物のようなことをするのはやめなさいと諭したのだけれど、コントロール不可で。ケンカをしたくてうずうずしているという感じだった」と、リンジーがひどい精神状態だったことを赤裸々に語った。

 アンは、このパーティーの前から、サマンサとリンジーの関係について不安に思うところがあったとのこと。しかし、「親が反対すればするほど、燃え上がってしまうことがあるでしょう? それが怖くて何も言えなかった」という。しかし、パーティーでの異常なまでの激しさを目撃し、「これでは娘が壊れてしまう」「母親として介入しなくては」と決意。翌朝、2人に対して「もうこれ以上、あなたたちの関係を応援するこはできない。あなたたちが付き合うことにも反対します。リンジー、もう二度と我が家には来ないでちょうだい」と、言い放ったという。

 「娘は本当に苦しんでいた。お騒がせ好きなリンジーとは対照的に、穏やかな子なのよ」「リンジーによって、サマンサの安全と幸せが害されている。心配で仕方なかった。このままだと悲劇が起きる。心配で心配で、眠れぬ夜が続いたわ」と、アンは吐き出すように述べた。

 アンが、2人の交際に反対すると宣言した時、サマンサはショックを受けていたそうだが、間もなくして2人は破局。母親によって引き裂かれたわけではないが、彼女の言葉がサマンサに影響を与えたことは間違いないだろう。これまで何も言わずに見守ってきてくれた母親に厳しく諭され、目が覚めたのかもしれない。

 リンジーは、破局後もサマンサに未練たらたらで、10年には「私が愛した女はサマンサだけ。サマンサ以外の女とは付き合わない。男だって悪くないしねぇ」と激白。「サマンサの家族は過干渉で、本当に苦労したわ」とも愚痴っており、今回のアンの告白と照らし合わせると、なんとなく合点がいく。

 心から愛した女性の母親から「サイコ」呼ばわりされたリンジーは、3月18日に刑務所行きを命じられる可能性が高く、今、大ピンチを迎えている。今後、リンジーの転落人生はどこまで行くのか? 彼女の支えとなる恋人の出現を祈らずにはいられない。

だれか、リンジーをカウンセリングに連れってって!

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「彼女はサイコだった」リンジー・ローハンの元恋人の母が激白のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! サマンサ・ロンソンセレブリンジー・ローハンのニュースならサイゾーウーマンへ!