紳助逮捕から1年半

松方弘樹も「NHK解禁」! 芸能界と暴排条例の今

matsukatahiroki.jpg
「想い出ワルツ」/コロムビアミュージックエ
ンタテインメント

 2011年10月に東京都でも施行され、芸能界にも大きな影響を及ぼすとみられていた「暴力団排除条例」(暴排条例)。同年に引退した島田紳助の黒い交際が発端となった、一連の「芸能界と暴力団」問題だが、その後芸能界にはどんな影響が及んだのだろうか。

 紳助の引退後、週刊誌を始めとした各メディアで取り沙汰されたのが「第2の紳助」だった。芸能プロ幹部や演歌歌手、大物俳優の実名が次々と飛び交った。また、『NHK紅白歌合戦』の出場可否が一種の“踏み絵”と称され、多くの大御所が落選するとみられていたが……。

「結局、実名報道された北島三郎をはじめ、メディアが期待するような当落選結果は発生しませんでした。とあるテレビ番組で、縁日を取材した際、『本当に商売がやりづらくなった』とぼやく出店者関係者はいたようですが、こと芸能界に関しては、条例の弊害を口にする人はいませんでしたね」(週刊誌記者)

 複数の芸能プロ関係者も、この1年ほどで仕事に影響が及んだことは皆無だったと口をそろえる。

「当初は暴排条例によって、『大手芸能プロダクションの口座が凍結した』という情報も出ていましたが、通常業務中に支障はまったくなかったと思います。かねてから一緒に仕事をしていた広告代理店関係者が『ところでA社(※大手芸能プロ)の社長とお付き合いはございますか?』といきなり聞いてきたことがあって、正直に『酒席で何度もお会いしていますよ』と答えましたが、それによって、なにか変わったということもありません」(芸能プロ幹部)

 では、暴力団との関わりがあるとみられるタレントを一斉排除する、「芸能界浄化作戦」の一翼を担うといわれたテレビ局はどうか。あるキー局関係者はこう語った。

「あの時に、『暴力団とのつながりがある』として名前が出たタレントの起用については、確かに当初慎重なった部分はありました。これまでに報道された内容や、警察から提供された資料も用意され、タレントのブラックリストのようなものも配られましたしね。しかし結局は右へならえで、リスト入りしているタレントも、ほかの局に出演していれば、『まあ大丈夫だろう』ということになりました。当時、一部週刊誌で『使用禁止令が発令された』と報じられた松方弘樹ですが、現在放送中のNHK大河ドラマ『八重の桜』に今後出演します。これで『NHK公認』となるわけですから、もうどこの局も気兼ねなく、松方を使えるようになるのではないでしょうか」

 当然条例に関して、表には出ず内々に処理された事例も存在していることだろう。しかし現在に至るまで、条例の影響で芸能界を追放された人物というのは、これまで1人も現れていないというのが実情のようだ。

カジキのおじちゃん、解禁や~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー