第1回サイゾーウーマン勝手に調査団

番組制作者・関係者に聞いた、「ワイプが上手い芸人」は?


『芸人報道01』/よしもとアール・
アンド・シー

 テレビの世界でよく耳にする「ワイプ」という言葉。これは、バラエティ番組や音楽番組などで出演者がVTRを見ている様子を映した小窓を意味する業界用語だが、近年では一般視聴者にもその言葉が浸透している。

 朝の情報番組でも「ワイプ」は使われているが、バラエティ番組でワイプを多く用いた番組では、『中井正広のブラックバラエティ』(日本テレビ系)、『ぴったんこカン・カン』(TBS系)、『シルシルミシル』(テレビ朝日系)、『爆笑 大日本アカン警察』(フジテレビ系)などが挙げられるだろう。

「最近の番組は特に、VTR明けのスタジオコメント部分になると視聴率が下がってしまうんです。要は、VTRでどれだけ稼げるか。だから今のテレビって『ワイプが上手い人』が売れる時代。正直に言って、制作側が『イマイチだな』と思うVTRでも、視聴者に『これ、面白いんだな』と錯覚させるような技術を持っている人が重宝されています。ちなみに、番組宣伝でゲストに来た女優さんや、若手アイドルはろくに良いリアクションが取れないことが多い。なんとか『あぁ~』などと反応しているところを使っていますが、これはほとんどお情けですね」(テレビ局関係者)

 では、具体的にワイプの上手い人とは、どのような特徴を持っている人なのだろうか。

「フットボールアワーの後藤輝基さんは、VTRの細かい部分によく気付いてくれますね。背景とか通行人にも目を光らせて、『あの後ろのオジサン○○やん!』とツッコんだり。制作陣が気づいてないことにも触れてくれるという点では、ビビる大木さん、オードリー・若林正恭さん、バナナマン・設楽統さんも上手いと思います。『ワイプなんて、たいして映らないからいいや』というのではなく、『ちゃんとそこでも仕事しなきゃ』という意識のある人たちが求められています」(番組ディレクター)

 一方で、ワイプで活躍しているのは芸人だけではない。少々過剰に見えるほどのリアクションが高評価をウケている元モーニング娘。の矢口真里は、ワイプタレントとして芸能界で新たなポジションを築いた。

「矢口さんは、有吉(弘行)さんから“ワイプモンスター”というあだ名をつけられただけあって、微妙なVTRにも表情豊かに反応するし、よく声も出してくれる。あと矢口さんはVTRが終わった後のコメントも上手いんです。単にオーバーにリアクションをとるだけではなく、気を抜かずにVTRを見てくれているんだなと感じますね」(同)

 中にはワイプについて「邪魔」「必要ない」と嫌悪感を抱く視聴者も存在するが、作り手側にとってワイプ芸人は、視聴者の興味を惹きつけるための演出の1つなのだろう。今後のテレビ業界では“ワイプ芸”を身につけたタレントが生き残る時代なのかもしれない。

我々も、興味がない記事でもキャプをがんばってます

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム