ジャニーズグループ視聴率徹底検証【第4回】

深夜1時でも視聴率約5%獲得のKis-My-Ft2、追い抜かれた先輩グループは?

 近年相次いでいるジャニーズグループのデビュー。現在民放でレギュラー番組を持っている若手グループは、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2。さらに、昨年末まではKAT-TUNも冠番組を持っていた。前後の番組や裏番組の兼ね合いなど、さまざまな要素が反映される視聴率だが、ジャニーズ事務所所属の各グループのレギュラー番組は、どこまで人気=数字を持っているのだろうか。“ジャニーズ”と“視聴率”の2つのキーワードから、テレビにおける各グループの立ち位置に迫る。

■短期間で冠番組終了、2~3%と中途半端なKAT-TUN

kat-tun5.jpg

 2006年3月に「Real Face」でデビューしたKAT-TUNは、グループとして唯一のレギュラー番組が昨年末で終了してしまった。昨年の元日と4月に特番で放送され、好評だったという『KAT-TUNの世界一ダメな夜!』(TBS系)が、8月から金曜午前0時20分~の30分枠でレギュラー化されたのだが、12月28日の放送で最終回を迎えている。同番組は「世界一ダメな夜を通して、ダメから学ぶ」をコンセプトにしたもので、グループにとって初のTBSでのレギュラー番組だった。

 終了2カ月前までの視聴率にはあまり落差がなく、2~3%台を推移。同時間帯では最下位になることも多かったが、午後11時40分から1時間枠で放送された最終回では、4.1%を獲得した。

 日本テレビ系で11年10月から放送された『KAT-TUNの絶対マネたくなるTV』も10回限定の放送だったため、ここのところ立て続けに冠番組が短期間で終了してしまっているKAT-TUN。しかし、『KAT-TUNの世界一ダメな夜!』のFacebookには「“とりあえず”『KAT-TUNの世界一ダメな夜!』見納めです」と書かれているため、次番組への準備期間にも思える。ネット上では「春頃に、ゴールデンに進出するのでは?」というウワサも飛び交っているが、ファンにとっての良い知らせはやって来るのだろうか。

■0.8~1.1%の低視聴率は、バラ売りの招いた悲劇? Hey!Say!JUMP

heysayjump_vally.jpg
デビューから6年目、まだまだ個人の知名度は低い?

 2007年9月に結成し、同11月に『バレーボールワールドカップ2007』(フジテレビ系)のイメージソング「Ultra Music Power」でデビューしたHey!Say!JUMP。現在グループとしてのレギュラー番組は、NHK BSプレミアムの『ザ少年倶楽部』を除き、民放では『ヤンヤンJUMP』(テレビ東京系)のみ。しかし、同番組の番組開始当初こそメンバー全員が出演する機会もあったが、現在メインで出演しているのは薮宏太と八乙女光のみだという(歌のコーナーには、ジャニーズJr.や若手グループが出演する場合もあり)。

 日曜午前11時~11時25分に放送されている『ヤンヤンJUMP』の視聴率は、昨年10月から12月2日までは0.8~1.1%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)の間を行き来していた。しかし、12月9日は1.9%、16日は1.6%、そして年内最後の放送となった23日は2.0%に若干ながら上昇。裏番組は、一桁台後半を獲得する『報道ステーション SUNDAY』(テレビ朝日系)、『笑っていいとも!増刊号』(フジテレビ系)に、内容によって二桁台に届く『サンデー・ジャポン』(TBS系)が強く、アニメ『HUNTER×HUNTER』(日本テレビ系)も2~4%台。同時間帯では『ヤンヤンJUMP』が最下位となっている。

 一部ファンの間では、「当初のようにメンバー全員に出てほしい」といった意見もあり、リニューアル後はあまりファンを味方につけられていないのかもしれない。今年1発目の1月6日は1.2%と、昨年末よりも下がってしまった。ファンが望む体制となれば、数字もついてくるのだろうか、今後の番組編成に期待したい。

■バーター作戦で知名度アップ? スペシャルで10.6%獲得のKis-My-Ft2

kismyfit201.jpg
SMAP兄さんとの怒涛の共演が実になった!?

 05年より活動を開始し、長らくJr.内ユニットとして活動した後、11年8月に「Everybody Go」でデビューを果たした“キスマイ”ことKis-My-Ft2。11年12月、昨年3月の特番を経て、昨年4月から冠番組『濱キス』(テレビ朝日系)がレギュラースタートした。よゐこ・濱口優が、アイドルであるKis-My-Ft2にバラエティのイロハを教えるという番組で、メンバーが体を張ってさまざまな企画に挑戦している。放送開始半年後の昨年10月には、『キス濱ラーニング』に番組名が変更され、“勉強もできる超スーパーアイドル”を目指し、義務教育科目の知識を学んでいく番組となった。

 水曜午前1時21分~51分と深夜帯の放送にもかかわらず、スタート時からの視聴率は2.2~4.8%の間で、同時間帯ではほぼ毎週トップに輝いている。また、昨年12月14日午後11時15分から放送された1時間スペシャルは、10.6%と二桁を記録し、こちらも同時間帯トップの成績を残した。

 デビュー当初は、ネット上で「ブサイク」などと酷評され、ファンからは「メインの3人(北山宏光・藤ヶ谷太輔・玉森裕太)と、後ろの4人との格差がヒドイ」などと言われ放題のキスマイ。SMAPを育てたチーフマネジャー・飯島三智氏の派閥に入ったとされており、デビュー前後からSMAPのバーターを含め、多くのテレビ番組に出演した効果があったのか、一般認知度も広がっている。冠番組の視聴率は合格点といってよさそうだ。

やっぱり「BUSAIKU」の開き直りがよかったのかな……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. 『カウコン』意外な舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー