その他
【ジャニーズ研究会レポート】

当て書きなのにイメージに合わない!? 相葉雅紀の『ラストホープ』

jaiba07.jpg

【ジャニーズ研究会より】

<ジャニタレドラマ・ネットの声>

『ラストホープ』(フジテレビ系、毎週火曜午後9時~)初回視聴率14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 嵐の相葉雅紀が医師役として主演する連続ドラマ『ラストホープ』(フジテレビ系)が15日にスタートしました。ドラマは、高度先端医療センターを舞台にした、さまざまな経歴を持つ敏腕医師たちによる群像劇。最新の医療技術や専門用語を駆使した本格的な内容に加え、医師と患者の温かいやりとりや葛藤を描くヒューマンドラマ的な要素や、医師たちの謎めいた過去を追うサスペンス要素も織り込んでいます。

 相葉は、ほかの医師から「町医者」と呼ばれる温和な青年医師・波多野卓巳役。患者の痛みや不安を察する能力に優れ、ひとりひとりに親身になって診療をします。そのほか、多部未華子、田辺誠一、小池栄子、北村有起哉、小日向文世、桜庭ななみ、高嶋政宏、平田満ら個性豊かな役者陣が、それぞれ濃いキャラクターを演じています。

 ドラマの中では、かなりリアルな手術シーンもあり、相葉は「手術シーンは正直、想像以上でしたね。細かく丁寧に時間をかけて撮影するので、より集中力が必要だよね」「(血を見るのは)……ギリですね(笑)。長時間は……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク