その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「自然な演技」か「棒読み」か、『信長のシェフ』の玉森裕太についたあだ名は「玉棒君」

jtamamori02.jpg

【ジャニーズ研究会より】

<ジャニタレドラマ・ネットの声>

『信長のシェフ』(テレビ朝日系、毎週金曜午後11時15分~)初回視聴率11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 Kis-My-Ft2玉森裕太の単独初主演ドラマ『信長のシェフ』が1月11日に放送スタートしました。ドラマは「週刊漫画TIMES」(芳文社)で連載中のマンガ(原作・西村ミツル、画・梶川卓郎)が原作。フレンチシェフのケン(玉森)がタイムスリップした先は、戦国時代の京都。間者(スパイ)に間違われ追われていたところ、刀鍛冶の夏(志田未来)に助けられます。「なぜ戦国時代にいるのか。自分は誰なのか」、タイムスリップした際に記憶をなくしてしまったケンですが、料理と歴史の知識だけは残っており、かくまわれた夏の家で、のちの豊臣秀吉(ゴリ)に宇治丸(うなぎ)を調理。その後再び命を狙われますが、織田信長(及川光博)に助けられ、ケンは料理人として信長の料理頭・井上恭之介(きたろう)と対決することになります。

 勝負のお題となったのは鴨。「いざ参らん、戦国のキュイジーヌ!」という決めゼリフを放ち作り上げたのは、「真鴨のロースト 柿のピュレ 栗と野生のキノコ添え」。その名前から盛りつけ、味付けまで、初めてずくめの逸品に信長は唸り……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー