少年に思われた!?

エマ・ワトソン、国際空港で子どもと間違えられて怒りのツイート!

EmmaWatson02.jpg
「だからと言って、一色紗英でもないし!」

 世界的な大ヒットを記録した映画『ハリー・ポッター』シリーズのヒロイン・ハーマイオニー役で知られるエマ・ワトソンが、国際空港の出入国手続職員に12歳の子どもだと思われていたことが明らかになった。クリスマス休暇を利用して一人旅を満喫していたエマは、小学生に間違えられたことに対して「また!?」とTwitterに怒りをぶつけている。

 11歳から『ハリー・ポッター』シリーズに出演するようになり、大勢の観客に成長過程を見守られてきたエマ。2010年には「過去10年間で最も興収を稼いだ女優」としてギネス認定されており、22歳にして総資産は260億円以上だと伝えられている。『ハリー・ポッター』シリーズの撮影終了と同時に髪をバッサリと切ってベリーショートにしたことでレズビアン疑惑をもたれたり、『ハリー・ポッター』のゲイポルノパロディ版でハーマイオニー役を演じたポルノ俳優のキャメロン・アダムズとのツーショット写真に笑顔で応じるなど、エマは性的な興味を抱かれるターゲットでもある。

 昨年9月にはセキュリティソフトで知られる「マカフィー」が、検索すると不正サイトに誘きこまれる「2012年度・危険な有名人ナンバーワン」はエマだと発表。エマは「私の名前を検索してウイルスにかかってしまうのは困るけれど」と言いながらも、「“エマは危険でクールだ”と思われるのは悪くないわね」とうれしそうにコメントしていた。

 子役のイメージを払拭し、クールでちょっぴり危険な大人の女性へと成長したと本人は思っていたのだろうが、昨年のクリスマス直前に「まだまだ童顔のお子ちゃま」だと全否定されてしまったのである。

 クリスマス休暇を利用してエマはバックパックを背負い一人旅に出ていたのだが、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で出入国手続を行った際、彼女の顔を見た職員から「単独小児旅客か?」と問われたとのこと。「すみません、言っている意味が?」と聞き返すエマに、職員は「あなたの保護者は、どこにいるのですか?」と続けて質問。「私は22歳ですよ!!!!!!」と、エマは怒りをあらわにしてしまったという。

 単独小児旅客とは、事情があり、成人の付き添いなしで飛行機に乗る12歳以下の子どものことを指す。安全のため空港内では空港職員や航空会社のグランドスタッフが付き添い、機内でも客室乗務員が頻繁に目をかけるよう定められている「保護を必要とする」スペシャル・パッセンジャーなのである。身長168cm体重52kgでバックパックを背負ったベリーショートのエマは、パッと見、少年に見られたのかもしれない。

 このことに大ショックを受けたエマは、すぐさまTwitterに怒りをぶちまけた。ツイートには「もう二度とバックパックを背負わないわ」というハッシュタグをつけているが、そのせいだけでないことは彼女も熟知しているようで「何が一番悲しいって、これが初めてじゃないのよ」とファンに向けて悲鳴を上げた。このツイートは1万8,000以上のアカウントからリツイートされており、「若く見えるってこと。羨ましい」「純粋に見えるのよ」と慰める書き込みも大量に寄せられている。

 知性を漂わせるルックスのエマは、弁護士である両親の元に、パリで誕生したフランス系クオーターのイギリス人。イギリスとフランスのことをバカにしながらも強い憧れを抱く、アメリカ人にとってサラブレッド的な存在である。一般的に欧米人は外見の劣化が早いといわれ、ハリウッドで活動する女優の中には、20代に入ってすぐに若作りのために美容整形を受ける者もいるほど。老いに対する悩みを持つ女性たちからしたら、小学生に間違えられるエマの驚異的な若さは、喉から手が出るほどほしいものであろう。

 なお、必要以上に若く見られるセレブはほかにもおり、そのことを自慢げに披露している。透き通るような白い肌の34歳になる女優ジョアンナ・ペイジは、昨年「ビールを買う時、年齢を越えているか身分証明の提示を求められたの!」とうれしそうに告白。39歳の巨乳女優ソフィア・ベルガラも「21歳以上だと証明するIDを持っていなかったから、ニューヨークのクラブに入れなかった」と楽しそうに明かしてる。

 子どもに見間違えられたエマだが、今は気を取り直しており「2013年の目標は、フランス語を話せるようになること!」と宣言。今年も若さあふれるコケティッシュな魅力で、世界中を魅力するだろう。

ポッターの衣裳で行けばいいんじゃない?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク