新米教師の抱える秘密は、高校時代の肉体関係!?

 漫画家・新井理恵と聞いて、ピンとくる人もいるのでは? 『別冊少女コミック』(小学館)で9年にわたり連載していた4コマ漫画『× ―ペケ―』を始め、児童虐待や家庭内暴力をテーマにした『子供達をせめないで』(ソニー・マガジンズ、幻冬舎)などで話題を呼んできた作家です。そのほかにも、『ケイゾク』(TBS系)、映画『青の炎』と超話題作のコミック版も手掛けてきた実力派。今回紹介するのは、新井が「webスピカ」で連載していた恋愛作品『M-エム-』です。

 23歳の新米教師・岩崎操は、高校2年の時の担任だった女性・岡村麻衣を忘れられないまま、いまだに童貞。当時のトラウマ――麻衣に体を襲われたショックを引きずっているのだ。衝撃的だった事件にもかかわらず、いまだ麻衣を妄想のネタに使っている操。そして、赴任した母校には、あの時と変わらない、麻衣がいた。30歳になった麻衣と23歳の操に何かが起きる!?

 4コマ漫画のイメージが強い新井ですが、ストーリー作品もお手の物。まだあまり作品を読んだことのない人、『× ―ペケ―』の印象止まりの人は、一度読んでみると新たな魅力を発見できるかも。『M-エム-』は、電子マンガサイト「 Renta!」で全巻立ち読み可能。現在展開中。簡単な会員登録だけですぐに読めるから、気軽に試してみてください。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク