芸能生活終了?

楽しんご、不謹慎ツイートで炎上! テレビ局に「あいつは使うな」のお達し

tanoshingo01.jpg
『楽しんごDVD みんなの疲れを癒しんご』
/よしもとアール・アンド・シー

 今月2日に起こった千野志麻アナウンサーの死亡事故に関連するある発言がきっかけで、楽しんごが各方面からバッシングを浴びている。人命が関わる出来事に対して、軽率なつぶやきをTwitter上で行ったことが原因だが、一連のツイートには、大物業界人も怒りをあらわにしているという。

 問題のツイートは、事故のニュースを見た直後に行われたようだ。加害者である千野に対して「チノパン可哀想」と発言するやいなや、すぐさま一般ユーザーから「不謹慎では」「遺族の気持ちを考えて」との非難が殺到。楽しんごは、すぐに「本当にすいませんでした。何も考えないでツイートしてしまいました」と、謝罪とツイートの削除を行ったものの、厳しい批判を繰り返す一部のユーザーにキレてしまったのか、暴走。軽率なツイートを反省するどころか、「しんご反省しまちゅ」「僕はゴミしんごです」と茶化し、「一躍有名人だー 2ちゃんねらーって相当暇だね」などとあおる始末だった。

 現在は一連のツイートはすべて削除されているが、当然これで済むはずはなかった。

「楽しんごは、昨年、整体師としての仕事に力を入れていましたが、今年からは再び芸能活動に取り組もうと考えていたようです。しかし、今回の軽率な言動に対して、“芸能界の大物”といわれる業界人が、『あいつはいったい何を考えているんだ!』と激怒。テレビ局の編成に対して、『今後は楽しんごを使わないように』とお達しを出したそうです。各芸能プロダクションやメディアにも影響力を持つ大物を怒らせてしまったとあって、しばらくはメディアに登場することも相当難しくなるでしょう」(芸能プロ幹部)

 さらにこの騒動が発端で、楽しんごは元相方から絶縁されていたことも明らかに。2007年から約2年、楽しんごとコンビ「Mint姉弟」を組んでいた、すぎはら美里は5日、ブログに「楽しんごについて、」という記事を投稿。「いろいろな応答求めたものがこちらに来ますが、私はある時期から縁を切っているので、私からのコメントは一切ありません」と前置きした上で、絶縁した理由について「今までずっと黙ってきましたが、私の大事な友人に拉致暴行し、全治2週間の怪我を負わせた為です」と、衝撃的な内容をつづった。

 すぎはらは「しんごのやったその理由も内容もあまりに幼稚だった」と振り返り、被害に遭った人物がPTSD(心的外傷後ストレス障害)により1年間病院に通っていたことも明かした。最後には「人としてもう有り得ないと思い、今日に至ります。というわけで、コメントが必要な方は他を当たってくださいませ」と締めくくっていたが、あまりに反響が大きかったのか、その後、記事を削除してしまったようだ。

 大物業界人からは目を付けられ、かつてのパートナーには暴露をされるという、最悪の新年を迎えた楽しんご。口は災いの元というが、「何も考えないで」行ったツイートに支払われる代償は、果てしなく大きなものとなってしまったようだ。

ちびっこの人気者には戻れないね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク