その他

生田斗真が美しすぎるダークヒーローに! 映画『脳男』鑑賞券プレゼント

nouotoko.jpg
映画『脳男』公式サイトより
※こちらの応募は締切りました。

 第46回江戸川乱歩賞に輝いた首藤瓜於の『脳男』(講談社)。生まれつき並外れた記憶力、知能、肉体を持ちながら、人間としての感情を持たない謎の男性“脳男”と、彼の精神鑑定を依頼された女医、彼を追う刑事のサスペンス・アクションである本作が、今年2月に映画化されることとなりました。

 都内近郊で無差別連続爆破事件が頻発し、路線バスが爆破される。乗客が全員死亡したその犯行に使われたのは、舌を切り取られた女性の全身に爆薬を巻きつける“人間爆弾”。そんな動機不明の異常な事件を担当することになった刑事・茶屋(江口洋介)は、犯人のアジトを突き止めた。茶屋が現場に踏み込むと、別の男と格闘していた犯人が、アジトを爆破して逃走。茶屋が確保したその男(生田斗真)は、“鈴木一郎”と名乗った以外、一切の身元不明。爆破の共犯者と見なされ、精神鑑定を受けるが、担当医師の鷲谷真梨子(松雪泰子)は、彼の態度に違和感を覚える。平均的すぎる受け答え、正確すぎる生活行動。その様子を観察した真梨子は、一郎の過去を調べ始める。

 本名は入陶大威(=いりすたけきみ)。幼い頃に轢き逃げ事故で両親を亡くした彼は、大富豪の祖父・入陶倫行(=いりすのりゆき)に引き取られる。ところが、倫行は息子夫婦を失った怒りから、並外れた知能を持つ大威を、人間らしい感情を持たず、正義のために犯罪者を抹殺する殺人ロボットに鍛え上げたのだ。そんな彼は周囲から“脳男”と呼ばれるようになっていた――。

 正義のもとに殺人を犯すダークヒーローという難役を演じることになった生田は、役作りにのめり込むあまり、撮影1カ月前から“引きこもり”になったと告白。ドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)での爽やかな男子高校生役や、『天才テレビくん』(NHK)でのヤンチャボーヤぶりが記憶に残っている人にとっては、いい意味で予想を裏切られる「怪演」を見せてくれそうです。

 今回は、2月9日(土)から公開される映画『脳男』の鑑賞券を3名の方にプレゼント。なんでも、「日本映画史上に残る、もっとも美しきダークヒーロー誕生!」とのことなので、これはもう見るっきゃない! 皆さん、ぜひ奮ってご応募くださ~い。



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

生田斗真が美しすぎるダークヒーローに! 映画『脳男』鑑賞券プレゼントのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!