有名になるとゴシップも出てくるんですね

漫画家がお好き? 神谷浩史のドSな仕事と女性関係


『ハレゾラ』/ランティス

 しょこたんこと、中川翔子のブログにも登場し、『めざましテレビ』(フジテレビ系)にも取り上げられるなど、今や旬の人となった声優・神谷浩史。1994年にデビューしながら、彼の人気が爆発したのは2008年、34歳の時と少し遅めだ。その間、大きなブレイクがなくとも活動が続けられていたのは、実力があるからだろう。

 声優業界で最も老舗で実力も問われる事務所・青二プロダクションに籍を置く彼は、ガンダム好きとしても知られる。しかし、96年の『機動新世紀ガンダムX』(テレビ朝日系)のオーディションに落選、99年の『∀ガンダム』(フジテレビ系)のオーデョンにも落選。90年代には特に目立ったアニメへのレギュラーはなく、アニメよりギャラのいい情報番組のナレーション業をしていた。そして30歳で、当時話題作であった『ハチミツとクローバー』(フジテレビ系)の主役を務めたが、その後バイクの大事故に遭ってしまう。

 この事故から奇跡的な復活を遂げた後は、『機動戦士ガンダム00』(TBS系)、『さよなら絶望先生』(千葉テレビほか)などで大役を掴み、さらには声優・小野大輔との掛け合いが人気のラジオ番組『神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~』(文化放送)の映画が制作されるなど、まさに大ブレイク。

 最近では、先月発売の『Pick-upVoice』(音楽専科社)、『ROMAN ALBUM ボイスアニメージュ 2013 WINTER』(徳間書店)など雑誌の表紙にもなっている。そんなすっかり人気声優の1人となった神谷だが、同業者の間での評判は芳しくないようだ。

「ファンの評価とは業界の評判は伴っていないようですね。仕事を共にするスタッフは、神谷さんの機嫌が悪くないかと恐れている節があります。取材時の返答にムラがあるのも悩みどころでしょう。彼はファンの間で、ドSやツンデレといわれていますが、それは本当に機嫌が悪いだけとも。仕事に対しては真面目ですが、社会人だからそれは当然のことでしょう」(アニメ業界関係者)

 またラジオではモテないとよく話し、「モテないキャラ」もお馴染みになっているが、実際のところはどうなのだろうか。

「彼女が途切れたことはありません。20代の頃に漫画家と結婚して離婚したのは有名な話ですし、大ブレイクを果たしてからは女性との関係も活発で、現在は漫画家さんと……という感じです。『ハチミツとクローバー』の原作者・羽海野チカとも友人ですし、彼は漫画家がお好きなようですね」(アニメ雑誌編集者)

 ブレイクして4年。最近は人気も安定してきたが、映画『魔法少女まどか☆マギカ』など今をときめく新房昭之監督にも気に入られ、人気作に多く起用されている。これからも不祥事を起こさない限り将来は安泰だろう。

『ベイブレード』で、「アチョーォオ!」とか言ってた時代もございました

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

漫画家がお好き? 神谷浩史のドSな仕事と女性関係のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 中川翔子声優神谷浩史のニュースならサイゾーウーマンへ!