「このミス」大賞の映画化作品『さよならドビュッシー』をマンガで読む!

 1月26日から公開の映画『さよならドビュッシー』は、2010年の「このミステリーがすごい!」大賞の受賞作。ピアニスト・岬洋介を探偵役とする「岬洋介シリーズ」の第1作で、現在までにシリーズ累計43万部を突破している大人気作品です。この話題作に出演するのは、『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)の吹き替え演奏を始め、大河ドラマ『龍馬伝紀行』(NHK)のテーマ演奏などを手掛けた現役ピアニスト・清塚信也、映画『桐島、部活やめるってよ』のヒロイン役で注目された橋本愛など、こちらも話題の顔ぶれです。今回は、まさに旬なこの作品のコミック版を紹介します。

 ピアニストを目指す16歳の遥。両親や祖父、帰国子女の従姉妹などに囲まれた幸福で裕福な彼女の人生が、ある日突然終わりを迎えた。家族が火事に巻き込まれ、ただ一人生き残ったものの全身にヤケドを負ってしまったのだ。それでもピアニストになる夢をあきらめることなく、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む遥だったが、周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで起こる事態に……。

 原作の著者・中山七里は、物語終盤にかけての謎解きや、気持ちのよいどんでん返しが高く評価されており、「ポスト東野圭吾」という声もあがっているんだとか。コミック版では、その世界観はそのままに、映画ともひと味違う感触が楽しめます。そして、現在なら電子マンガサイト「Renta!」で全巻立ち読み可能。原作を読んだことのある人も、映画を見る予定のある人も、簡単な会員登録だけですぐに読めるから、気軽に試してみてください。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク