その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「僕、アメリカ軍にいたでしょ?」井ノ原快彦がジャニーさんからの珍電話を暴露

jinohara01.JPG

【ジャニーズ研究会より】

 12月26日に放送された『ザ少年倶楽部プレミアム』(NHK BSプレミアム)は大忘年会。かつて光GENJIのバックダンサーを務めた「平家派」の面々(TOKIO城島茂、山口達也、国分太一、V6坂本昌行、長野博、井ノ原快彦)が、アルコール片手に2012年を振り返りました。

 まずは今年1~3月のジャニーズタレントの活躍と世の中の出来事をVTRで振り返ります。森田剛の主演舞台『金閣寺』や堂本光一の『Endless SHOCK』900回公演達成などの話題が並ぶ中、メンバーが注目したのがA.B.C-Zのデビュー。国分がVTRを見ながら「僕ら、A.B.C-Zあんまり知らないよね」と言ったかと思えば、山口は終始モリモリ食べながら「デビューした後輩、いたんだね」と衝撃発言。そもそも認識すらされてなかったA.B.C-Z。切なすぎて涙が出そうです。

 またA.B.C-Zの平均年齢が23.6歳ということについて、「(20代)中盤から後半になりかかってるから」と井ノ原が言うと、デビュー時24歳だった坂本は「良かったね~!」と顔を歪ませ本気で同情。ここで応援モードに切り替わるかと思いきや、今度は城島がA.B.C-Zを「いわゆる僕らで言う『アクロバット要員』? バック転だけでチラッと最初だけ映るような」と悲しいカテゴライズ。その後「彼らはきちんと……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク