今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

三浦皇成浮気報道で、宮根誠司が言ってしまった余計すぎる一言

miurakousei.jpg
三浦皇成オフィシャルブログより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎勝負師の性が出てしまった浮気
 三浦皇成浮気報道。このタイミングかよ。「今ならバレてもチャラになる!」という、チャンスを逃さない勝負師の性が見て取れる。ま、この日が来ることは、ほしのあき以外の国民全員の間でコンセンサスが取れていたわけだが。皇成よりも、この一報のVTRに「これは軽~いおイタですね」と発言した『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の宮根誠司の方がダメージがデカい印象だった。直後に、コメンテーターからも「宮根さんも気を付けてくださいよ」と追い炊きが入り、『ミヤネ屋』史上最長の沈黙に。週末の夜、そのメンタリティで、1人東京で何してんだか。きっとあちこちで「Mr.サンデーさん」と呼ばれているに違いない。番組より力入れんなよ。

◎ずん・飯尾の間違った扱い方
 来たる「ずん・飯尾ブーム」。しかし『サンデー・ジャポン』(TBS系)登場2回目は頂けなかった。打ち合わせなしの緊迫感を原動力に発破するタイプの芸人に、「これキッカケで、例の感じでギャグお願いしま~す」は「死」を意味する。何度も言ってきたが、もう一度言おう。東京キー局よ、任せろ、芸人に。ヤツらはお前らよりも面白い。

◎iPhoneCMの声の主は……
 iPhoneのCMのナレーションが誰なのか、未発表ということで話題になっているらしい。意外だ。聞いた瞬間、私はすぐ「あ、渡辺徹」とピンと来たけど。みんなNHK Eテレの『地球ドラマチック』を見てないのかぁ。面白いのに。淡々としているのに味わい深いあのナレーションは、間違いなく、彼の「代表作」といえよう。まあ番組の内容は、ほかの国のドキュメンタリーを買ってきて流してるだけだけど。あの声に目をつけるとは。さすが、こだわりのジョブズ魂。スマホ触ったこともないけど。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!