幡ヶ谷在住歴36年に聞いてきました

幡ヶ谷が千原せいじに乗っ取られる!? 千原の飲食店が地元で総スカンのワケ


お宝写真みつけてきました

「このままでは街が乗っ取られてしまう」

 地元民からそんな危惧の声が上がっているのは、芸人・千原せいじがオーナーとなり、渋谷区幡ヶ谷に集中展開する飲食店グループに対してである。

 千原は、2010年に居酒屋「せじけん」で幡ヶ谷に進出して以来、バー、ラーメン屋、喫茶店、さらにはダンススタジオまでを、半径200メートルほどのエリアに次々とオープンさせているのだ。かつては、居酒屋の経営について「月20万円の赤字」と明かしていた千原だが、実際のところはかなりの経営手腕を発揮しているようだ。

 ところが、そんな成功者へのやっかみだろうか、地元同業者からの評判は芳しくない。

「せじけんさんは、現役芸人が働いているという話題性もあって、幡ヶ谷以外からやって来るお客さんが多いんです。なので、居酒屋がオープンした当初は この街に一定の経済効果をもたらすのではと、われわれ同業者も好意的に受け止めていました。ところがその後、バーにラーメン屋と、一次会から三次会に至るまで客を他店に逃がさない囲い込み戦略に打って出た。今では地元の同業者の間でも、浮いた存在になっています」(地元飲食店経営者の男性)

 さらに、別の飲食店従業員の男性も証言する。

「せじけんに集まるお笑い好きの若い女の子を目当てに、地元の男たちもせっせと足を運んでいます。せじけんグループに常連を取られたという店も少なくありません」

 弱肉強食はビジネスの常だが、反発の声は地元住民からも。幡ヶ谷在住歴36年という女性は話す。

「せじけんグループは、もともと地元でファンも多かったラーメン屋を居抜きで買い取って営業を始めたんですが、まったく違う味になってしまった。これには地元民から大ブーイングが巻き起こっています。個人経営の小規模飲食店が多い幡ヶ谷の夜は、そのローカルさが魅力だったのに、“このままでは、幡ヶ谷はすべて千原せいじの店になってしまうのでは”と心配しているのは、私だけではないはずです」

 ショッピングセンターが進出することで、地元の商店街がシャッター通りに変わってしまうことがあるが、絶大な話題性を誇る芸人経営の飲食店グループの影響力も同様だ。その点を、起業家・千原せいじにも是非わきまえてもらいたいものである。
(文=牧野源)

町内会の青年部、ちゃんと入ってる?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  12. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  13. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  14. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー