[ジャニーズ・メディアの裏側]

風間俊介人生初の熱愛スクープ、事務所は前々から「撮られたがっていた」?

jyuntoitoshi_kazama.jpg
連続テレビ小説『純と愛』(NHK)公式サイトより

 ジャニーズ事務所の俳優・風間俊介が、一般人女性とデートしていたと、25日発売の「女性セブン」(小学館)が報じている。現在NHK連続テレビ小説『純と愛』に出演中の風間。撮影は大阪のNHKスタジオで行われているが、貴重な東京での休日を共に過ごしていたのは、本仮屋ユイカ似の美女だったという。

 風間は1997年にジャニーズ事務所に入所し、Jr.としてV6やKinKi Kidsのバックなどで活動。99年10月から翌3月まで放送された『3年B組金八先生 第5シリーズ』(TBS系)で、成績優秀の優等生である反面、裏では心に闇を持つ二面性のある兼末健次郎役を好演し、注目を浴びた。

 2002年頃には、山下智久、生田斗真、長谷川純とジャニーズJr.内ユニット・Four Topsの一員として活動していたが、山下以外の3人はデビューすることなく、現在は俳優業がメインとなっている。地道に俳優活動を行ってきた風間だが、近年は、昨年4月から放送された『中学生日記』(NHK)や『それでも、生きてゆく』(フジテレビ系)などに出演し、ジャニーズきっての演技派俳優として大忙しだ。

 そして今年10月スタートの『純と愛』では、ヒロイン・夏菜の夫で、人の顔を見ただけで本性が見えてしまう不思議な青年・待田愛を演じている。

 そんな多忙な毎日を過ごす風間が、女性と手をつないで歩く姿を「女性セブン」にキャッチされた。2人は都内のタイ式マッサージ店に入り、90分コースの施術を受けた後、店内のカフェコーナーでティータイムを過ごすなど、つかの間の休息を味わっていたという。

 その後は風間の運転する車で東京の夜景を楽しみ、彼女を自宅マンションに送り届ける紳士ぶりを発揮した風間。同誌には、お相手の女性について、芸能関係者の「以前から知り合いの一般女性だそうです」というコメントが掲載されている。

「古くから、人気アイドルにあまりにも浮いた話が出てこないと、逆に『異性には興味がないのでは』という説が浮上してしまうこともあり、あえて事務所が熱愛スクープを“抜かれたがる”という現象も発生します。毎回別のアイドルと写真を撮られたのではたまりませんが、今回の風間の記事を、事務所はある意味プラスに取っているかもしれません。まぁ、ファンにとっては、たまったもんじゃないでしょうけど(笑)」(芸能プロ関係者)

 風間は11月発売の「女性自身」(光文社)で、好きな女性のタイプについて「頭のいい人がいいですね。この仕事を始めて16年、一つくらいスキャンダルがあってもいいかなあ、とも思います(笑)」と答えていた。「セブン」にも「その願い、叶えました!」とつづられているが、風間本人は初の熱愛報道をどう受け止めているのだろうか。

←久々に歌ってるかざぽんを見たい方にオススメ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  16. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー