出版界でも稼ぎ頭

『ワンピース』大ヒットの裏に、ルフィ役・田中真弓の“船長”としての手腕

onepiece-film.jpg
『ONE PIECE FILM Z』公式サイトより

 今や飛ぶ鳥を落とす勢いの人気を持つアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』(フジテレビ系)。2012年12月15日に公開された映画『ONE PIECE FILM Z』は、公開初日から翌日の2日間で、動員数114万人、興収13億円を突破。同年公開の邦画作品の中でも、最速で100万人の動員を記録している。
 
 原作が連載されている「週刊少年ジャンプ」の出版元である集英社も、『ワンピース』の声優は手厚く扱っているという。毎年年末に2日間開催される「ジャンプフェスタ」では、ほかの出演作の声優とは別の、ワンランク上のホテルが用意されるほどの特別待遇なのだそう。

 そんな、今最も期待を集めているアニメ『ワンピース』。その現場は、一体どのようなものなのだろうか。声優業界関係者は語る。

「アニメ業界すべての人が憧れるほどの“最高の現場”ですよ。制作の東映は、監督が音響監督を兼任していて、流行や人気などに左右されない独自のキャスティングをしていると業界内で知られていますが、『ワンピース』も新人からベテランまで、幅広い層の声優が参加しています。新人は、ベテランの仕事を間近で見ることができるので勉強になりますし、常に緊張感のある、近年ではまれな現場だといわれています」

 新人からベテランまでの声優が一堂に会すると、トラブルが起こりがちになるのでは……という見方もできるが、「むしろ『ワンピース』の現場は、チームワークこそが素晴らしい」(同)のだそうだ。

「モンキー・D・ルフィ役の田中真弓さんは、ご自身が劇団を主宰されているだけあって、『ワンピース』の“船長”としての強い意志と貫禄を持っています。誰かがミスをすると、すぐに田中さんが『だいじょうぶ!』とフォローを入れるんです。だからこそ、ほかのキャストやスタッフも安心してついていくんでしょう」(同)

 田中のルフィへの思いは非常に強く、中でもファンにとって衝撃的だった、「兄・エースがサカズキ元帥(赤犬)に殺されるシーン」の収録現場は、緊張感に満ちていたという。

「普段は明るい田中さんが、その日は口数も少なかったようです。エースが殺されるシーンでは、リハーサルの時からマイク前で涙を流して演技をしていたそうですよ。ほかのキャストも、田中さんの迫真の演技に圧倒されて、涙をこらえるのに必死だったんじゃないですかね」(同)
 
 コミックスの世界を飛び出して、現場でも強い絆で結ばれている「麦わらの一味」。前作『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』の興収が、シリーズ最高の48億円。この勢いだと、前作を超える日も遠くなさそうだ。

サイ女はイイ話も載せてるサイトだから!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク