紅白ウラ小話【紅組編】

『紅白』出場11回目! 和田アキ子に愛されたaikoは、NHKの安牌か

aiko_2012.jpg
『時のシルエット』/ポニーキャニオン

 いよいよ間近に迫った2012年の『紅白歌合戦』(NHK)。「今年もいろいろあったわ~」なんて、酒でも飲みながら、だらだらと『紅白』鑑賞をしようと思っているあなたに、サイゾーウーマンが『紅白』ウラ情報をお届け★ 音楽業界人がこっそり教えてくれた出場者の小話で、『紅白』がもっと面白くなっちゃうかも!

【紅組編】

■「オタク男子にもビンビン響く」aiko

「ルックスに賛否あるかもしれませんが、小さくて愛嬌のあるaikoが、等身大の女の子を歌うというのは、『オタク男子にもビンビン響く』と業界でも一目置かれた存在なんです。特に、初期の『花火』『カブトムシ』の評価はものすごく高いし、パワフルな声量でピッチ(音感)もいい、と。まぁ、ある意味、完成されたシンガーとして認識されていますよ。あと、『紅白』初登場当時から、なぜか和田アキ子が、いろんなメディアで『aikoはいい』と発言するなど、熱烈に支持しているんです(笑)。今回、『紅白』出場も11回目ということですが、aikoの作風は一貫していて変化には乏しいので、もう面白味はないという見方も強い。でも、その変わらなさが、NHK的には安牌として、キャスティングされやすくなっているのでは」

“アッコよろしく”『紅白』のボスになるのも夢じゃないね!

■実は最も稼ぎまくっている、いきものがかり

「スタジアム級でのライブチケットが即完売するのですから、CDの売り上げだけにとどまらず、グッズ販売なども合わせて、現在のJ-POPシーンで一番大きくビジネス展開しているアーティストといわれています。昨年の朝ドラ『ゲゲゲの女房』の主題歌、今年のNHKでのオリンピック・テーマソングと、ここ2年間、まさにNHKを舞台に王道を歩んだアーティストでしょう。aikoとの共通項の個性的なルックスで、パワフルなシンガーというのも、NHK的には好感度が高いと思われます。しかし、バラードベスト『バラー丼』のリリースは業界的に衝撃が走りましたね。『もうそう長くはない』と思わないと、彼らのキモでもあるバラードに特化したベスト盤は出さないですね、普通」

“普通そう”に見える女の方が、実はガッポガッポ稼いでんのよ

■ドンパワーでAKB48と別枠出場できた(?)SKE48

「AKB48がブレイクし始めた頃から、全体的なビジュアルのポテンシャルはSKE48の方が高いと一部の業界人の間では評判でした。しかし、AKB48がこうして爆発的なまでに人気が出てしまって、逆にSKE48は、NMB48やHKT48と合わせて、ちょっと置いていかれた感もあります。こういうグループ体系の場合、『一緒に上がっていく』流れには、ならないものなんですよね。SKE48にももちろん、素質の高いメンバー・松井珠理奈と松井玲奈がいるのですが、結局、AKB48と掛け持ち状態。その中で、SKE48がAKB48とは別枠で『紅白』に出場できたのは、平野綾や畑野ひろ子らも所属している、芸能界のドンの御子息の事務所に松井玲奈が所属になったからなのでは、との見方もあります」

あまりに人が多すぎて、AKBは「湧いてる」って感じ!

■また「夜桜お七」を歌わざる得ない坂本冬美

「演歌・歌謡曲系の歌手にとって、『紅白』出場は生命線です。なぜなら、彼らにとって命綱である地方営業の価格が、『紅白』に出ているかいないかで、大きく左右されるから。冬美さんの演目は、今年もまた『夜桜お七』ですか。本人としては、新しい曲を披露したいというのが本音だと思います。しかしそれで、翌年の営業価格、本数を減らしてしまっては、自分で自分の首を絞めることになりますからね。そろそろ『また君に恋してる』クラスのヒットが、ほしいところでしょうね」

さゆり姐さんも「津軽海峡・冬景色」と「天城越え」の2曲で6年回してる

■再結成の“本心”に注目が集まるプリンセスプリンセス

「チャリティー名義のイベント、コンサートに関して、業界からは『実際のところはどうなの? やっぱりお金がないの?』という声も聞こえてきますが、最近は収支をある程度ガラス張りにしておかないと、簡単にチャリティーの名をかたった嘘がバレますからね。コンサート収益やその場の物販で、本人たちが大きく利益を得ることはないと思います。しかし、『紅白』にまで出演するほどの話題性ですから、旧譜が売れたり、放送で曲がかかったり、カラオケで歌われたりと、今までよりははるかに臨時収入があったでしょうね。きっと岸谷家の家計も潤ったはずです」

16年後のプリンセスたちを、この目でしかと見届けるわ!

aikoっていつも「横顔」

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 他人の記事をパクるのはこんな人

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!