自殺願望も強いらしい……

ヘロインを打ち過ぎて血が逆流? マコーレー・カルキンの危険な現状

ヘロインを打ち過ぎて血が逆流? マコーレー・カルキンの危険な現状

 映画『ホーム・アローン』シリーズが爆発的にヒットし、“世界一有名な子役”としてギネス認定されたマコーレー・カルキン。そんな彼が、余命半年だと報じられたのは今年8月のこと。重度のヘロインと鎮痛剤依存に陥っていると伝えられ世間を驚かせたが、本人は真っ向から否定。激痩せしていた2月に比べて少しは健康的になった姿も見せ、ファンを安心させた。しかし最新情報では、マコーレーのヘロインと鎮痛剤依存はエスカレートしており、死の淵を歩いている状態だとのこと。自殺願望がとても強く、周囲を心配させていると伝えられている。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ヘロインを打ち過ぎて血が逆流? マコーレー・カルキンの危険な現状のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブマコーレー・カルキンのニュースならサイゾーウーマンへ!