今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

「若さ原理主義」をまざまざと見せつけられる、女子アナCMのえげつなさ

tobewhite.jpg
トゥービーホワイト公式通販ページより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎魚住りえが目にしみる……
 中野美奈子をはじめ、売れっ子女子アナたちをいっぱい登場させている歯磨き粉のCM。「女子アナ大量購入」というコピーと、ものすごいどアップの顔の画ヅラが、何かこうえげつない感じがするが。現役売れ筋独特の「女子アナにあらずんば、人にあらず」感に賭けたCMともいえる。

 しかし、ブイブイの時が過ぎれば、同じマウスケアCMでも「シュミテクト」とか「ブレオ」出演となるわけで。「口臭が気になるアナウンサー」という設定を演じている魚住りえなんかを見るにつけ、女子アナ界の「若さ原理主義」が目にしみる。

 これだけ旬が限られていると、「CMに出られるうちに独立したい」という流れは止められないだろう。そのうち、テレビ局各社で話し合いが持たれ、人気アナ流出防止のため「局アナCM出演OK」の協定が結ばれる日も近いかもしれない。日テレつけてて加藤綾子がCMに出てても、別に違和感ないもんなぁ。加藤シルビアと石田エレーヌの区別がややこしいけど。

 しかし、田中みな実は残念であった。あれほど芸人としての才があったのに。周囲も腫れ物に触るような扱いにせざるを得ず、これじゃ味の出しようがないもんな。でもそれをバネにして、「腫れ物にはコレ! 小林製薬のハレトレール!」ってのができる子だから。本人はシャンプーのCMに出たいらしいが。みな実にできるのはハレトレール。ああ、早くハレトレールのCMが見たい。そんな商品はないわけだが。

◎速すぎたアイドル
 番組バックレ、ソロデビュー抜擢、突然の卒業発表と、芸能界を早足で駆け抜けていったAKB48・河西智美。そろそろ事後承諾というか、コアなファン以外は、始まりから終わりまで「誰それ知らない」のままコトが進行するようになってきた。よかった。もうあまり巻き込まんでくれ。それはそうと、河西智美って、KABA.ちゃんにそっくりだよなぁ。何でこのコが売れかけてたんだか。もう巻き込まんでくれ。

◎スタイルの良さが徒となる
 今、TBSの『予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!』って番組を見てたら、「ここ、にっぽんばしに」つって東京の日本橋を映してた。

 ま、それはともかく。杏。スタイルは抜群なんだが、いつ見ても足をダラッと開いてゆるーっと棒立ちしている。スタイルがいい分、逆に目立つ。ガサツな江角マキコの隣に立ってた時、江角よりも股が開いててビックリした。あれだけ足が長いと、もうスタイル良く見せようなんて意識が皆無になっちゃってるのかもしれんが。何か見てると、「大男、総身に知恵が廻りかね」という慣用句が浮かぶばかり。閉まっていこう。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク