[ジャニーズ・メディアの裏側]

「やはり飯島氏を後継者に」ジャニーズの跡取り問題が現実的に?

janisan02.jpg
「YOU、後継者早く見つけなyo!」

 後継者争いが注目されるジャニーズ事務所内に、この年末になっていくつか新たな情報が浮上した。現社長であるジャニー喜多川氏の後継者の候補として名前が挙がっているのは、メリー喜多川副社長の娘である藤島ジュリー景子氏、SMAPのチーフマネジャーである飯島三智氏。そしてタレントである近藤真彦の3人だ。「芸能界の地殻変動」ともいわれるジャニーズ跡目争いの、最新事情とは――。

 かつてジャニーズの跡取りは近藤、または東山紀之のいずれかといわれていた。東山新社長を後押ししていたメリー副社長は、実の娘であるジュリー氏と東山を“政略結婚”させようとしていた時期もそうだが、「東山とジュリーは根本的に合わなかった」(広告代理店幹部)のだという。

 さらに「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた、森光子さんの遺言をめぐるいざこざによって、東山は社長の座から遠ざかったともいわれている。森さんは生前、遺産の一部をジャニーズ事務所に寄与するとメリー副社長に明言していたが、実際の遺言状には「遺産の一部を東山紀之に譲る」と書かれていたという。メリー副社長は、ジャニーズへの寄付を“友情の証し”と捉えていただけに、話が違うと激怒。これでもう、東山の社長就任は、現実的ではないのではとの見方が強まっている。

 また近藤に関しても、「すべての派閥とうまく付き合っている」といわれているものの、やはり実務面での経歴がネックとなり、代理店の間でも「マッチとヒガシはないはず」が通説となっているという。やはり本命の後継者は、ジュリー氏と飯島氏の一騎打ちのようだ。

 そんなジュリー氏は、今年『紅白歌合戦』(NHK)に、自らの派閥グループである嵐と関ジャニ∞を送り込んで、その影響力を見せつけている。

 対する飯島氏は、近年ではKis-My-Ft2や山下智久など、自分の派閥タレントを増やしている。SMAPとの共演が飯島派閥入りのきっかけとされており、中居正広とCM共演した近藤も、近年になって「飯島案件」といわれているようだ。

「ジャニー社長は、飯島氏の手腕を高く評価しているようです。伸び悩んでいたKAT-TUNを、彼女の一時預かりとしていた時期もありました」(週刊誌記者)

 近年、こうしたジャニーズの跡取り問題について報道が活性化している原因は、ジャニー社長の引退がいよいよ現実的になってきたからだという。

「ジャニー社長も、もう81歳ですからね。ジャニ―社長が、『死ぬまで現役』を掲げているのは、ジャニーズと親しい記者の間ではよく知られることですが、最近では『近く会長職に退いて、新社長を決めなくてはならない』とこぼすようになっているそうなんです。ジャニー社長は本当の意味での自分の後継者は、舞台制作や演出という点で錦織一清とタッキー&翼・滝沢秀明だと考えているフシがあります。しかし経営的な面で見て、やはりグループを育てる力を持った飯島氏に、後継者を任せようという意思が強いようです」(前出・代理店幹部)

 ジュリー氏が“世襲”の形で次期社長となるのか、飯島氏がさらに“派閥”を拡大してトップに君臨することとなるのか。近い将来発生する、“芸能界の地殻変動”に、芸能界全体から注目が集まっている。

タッキー&ニッキも頑張って!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク