ゆかしな所長のふろくわんだぁ~らんど☆

かつての「りぼんっ子」に告げる! クリスマスのふろくで夢と希望を取り戻せ!

少女だった頃、心をときめかせてくれた少女マンガ雑誌……と、その横にいつも一緒にいた「ふろく」という名の相棒。そばにいるのが当たり前だったから気付けなかった、あの頃の「ふろく」の魅力を、「昭和的ガーリー文化研究所」所長のゆかしなもん(通称・ゆかしな)がお届け☆

 メリークリスマース!!

 ゆかしな所長にとってクリスマスは、特にロマンティックな思い出はない。っていうか、大人になってからのクリスマスなんて、実はいちいち覚えてない。たいてい毎年、仕事に追われてたり、○ンタッ○ーに駆けこんで慌ててチキンを買ったり、だらだら家で深夜放送見たり、とか。だけど、子どもの頃のクリスマスのイベントは、ちゃんと覚えてたりする。家族で飾り付けたツリーとか、買ってもらったおもちゃのこと、みんなで食べたクリスマスケーキ。そして、幸福感あふれる、あの頃の「りぼん」のふろくのことも……。

 こんな時代だからこそ、しばし70~80年代の少女時代に戻って、素敵なクリスマスの夢を見ようじゃないか、え!? というわけで、今回は特別編。永遠の乙女たちに捧げる、国宝級「りぼん」(集英社)クリスマスふろくコレクションどえ~す!!

ooya-01.jpg

 まずは、ちきちゃま(大矢ちき先生)の封筒4種。1枚1枚柄が違うの。「りぼん」1974年12月号のふろくです。3人の子どもたちの、クリスマスの夜の楽しいひとときが、ちきちゃまの超絶繊細で美麗なタッチで描かれてる! 大きなクリスマスツリーに、豪華なオーナメント、そしてカラフルな包装紙のプレゼントがいっぱ~い!! クリスマスの夢が詰まっている、素敵な封筒なのである。

itijyo-01.jpg

 こちら、誰もがひれ伏す一条ゆかり先生の「メリークリスマスカード&ふうとう」(「りぼん」1976年12月号ふろく)。女の子の髪型、衣装、色使いが全然古くさくない!!! サスガ!! 美しい!! もはや「アート」や~!!

bandou-01.jpg

 同じ号のふろく、坂東江利子先生の「プレゼント・ミニカード」。ホラー系から爆笑コメディものまで縦横無尽に活躍された、とにかく器用な坂東先生!! こんなファンシーなイラストもお手の物ですな☆

tatikake-01.jpg

 こちらは年代不詳(70年代後半でしょうか)、「乙女ちっく」御三家のお1人、デコたん(太刀掛秀子先生)のかわゆ~いクリスマスカード。パッチワーク&ネグリジェに「乙女ちっくパワー」をビンビン感じるゥゥゥ!!

satou.jpg

 続いては「りぼん」1980年12月号ふろく、「佐藤真樹のジグソーパズル・クリスマスカード」。真樹タンの暖かくて優しい絵柄と作風が大好きなんだよ~(雄叫び)!! 名作『ほほえんで散歩道』のちーず(千鶴)と村野君のイラストが40ピースのパズルになってて、付属の封筒で送れるようになってるの。煙の部分にメッセージを書いて、「彼チャマ(原文ママ)」に送ろうぜ!!

hagiiwa.jpg

 こちらはおそらく1986年頃(推定)。「りぼん」の「わいわいムフフ クリスマス・カード」。恋ちゃま(池野恋先生)、睦ちゃん(萩岩睦美先生)の「80年代りぼんの神」による、小さいけれど豪華な1枚。睦ちゃん(左)は『うさぎ月夜に星のふね』、恋ちゃま(右)は歴史的名作『ときめきトゥナイト』☆ ああ~ん、ゆかしなも真壁くんのコートの中に包まれてえわ!!

ikeno.jpg

 恋ちゃまつながりでもう1枚。「ときめきクリスマスカード」!! 左側はクリスマスパーティーの招待状になっている。おなじみの江藤家ファミリーの面々がほほえましい~。右側は、ゆかしなの愛する神谷曜子さんのヨーコ犬サンタver.(笑)。いずれも、金色の部分をセロハンテープではがすと秘密のメッセージが出てくるというギミック。もったいなくてはがせない(怒)!

oozora.jpg

 最後はとっておき、ゆかしな所長の一番のお気に入り。「りぼん」1981年12月号ふろく「小田空のクリスマスカード」。「りぼん」が誇る、超名作ハートウォーミング・メルヘン『空くんの手紙』を御存知の方なら、きっと涙モノの逸品。『空くん~』は、笑って泣けて、切なくて暖かい。大人になって読み返しても、いまだに新たな発見があるという、素晴らしい作品なのだよ!! 空くんやうさぎ、ゴジラたちの楽しげなクリスマスパーティーの様子と「すべての人が幸せに気がつくことができますように……。」という深いメッセージ。あまりにも可愛いのと、優しさにあふれていて、泣けてくる……(涙)。

 「あの頃」の楽しい思い出しかないクリスマスから、もう軽く20~30年たってしまったという現実……。幸福感あふれる「りぼん」のふろくを見ていると、「クリスマス」ってやっぱり特別だし、大切に過ごさなきゃ! っていう気持ちになる。仕事なんかしてられるか、バカヤロー!! 年に1
度しかないクリスマスを楽しもうよ☆ かつての「りぼん」があたしたちに教えてくれた、たくさんの夢と希望を忘れずに、みんながハッピーなクリスマスを過ごせたらいいよね。

 全国250万の「りぼんっ子」のみんな、Have a Merry X’mas!!!

ゆかしなもん
主に70~80年代の昭和ガーリーカルチャーを懐古&発信する「昭和的ガーリー文化研究所」所長。小学30年生でもある。2010年より、同名の武露愚(ブログ)をスタート。2012年5月、初のイベント『ゆかしなEXPO』を東京・東中野にて開催し、伝説の(?)ガーリー博覧会となる。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  5. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  6. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  9. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  10. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. テレビとギャップありなジャニーズ
  14. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  15. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  16. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー