落ちるところまで落ちたね……

リンジー・ローハンに実刑可能性も! しかし、追っかけに夢中で裁判欠席

LindsayLohan06.jpg
どこにも救いのないリンジー

 女優としての再起を懸けた主演テレビ映画『Liz&Dick』が酷評され、“ハリウッドお騒がせセレブ”にあっさりと返り咲いてしまったリンジー・ローハン。ここ数カ月、悪いニュースしか入ってこない彼女だが、最近2週間ほどは新しい恋に夢中で超充実した毎日を送っていると伝えられている。女優業を廃業してグルーピーになったのかと言われるほど、人気ボーイズグループ「ザ・ウォンテッド」のマックス・ジョージに熱を上げているリンジーだが、ここに来て2013年のほとんどを刑務所で過ごす可能性が浮上。世間からは自業自得だと、冷ややかな目で見られている。

 女優生命を懸けてエリザベス・テイラー役を熱演したものの、「まるでコントを見ているようだ」と手厳しく酷評されてしまったリンジー。『Liz&Dick』撮影中は「問題を起こさない」という契約を交わしていたため、交通事故を起こした以外はおとなしくしていたが、撮影終了直後から待ってましたとばかりに暴走が始まった。

 8月、リンジーは新作映画『The Canyons』でトップレスシーンを撮影する際「フェアじゃない」とスタッフ全員に下着姿になるよう強要。パーティーが開催された家から800万円相当の貴金属を盗んだという窃盗容疑がかけられたのも、この月だった。

 9月にはロサンゼルスの高級ホテル、シャトー・マーモント・ホテルから、未払いの宿泊費等を支払うまで出入り禁止を言い渡され、ニューヨークでは歩行者を当て逃げしたとして逮捕。その後、連日のクラブ通いがたたり、マイコプラズマ肺炎をこじらせて入院した。

 10月に入ると、ニューヨークのナイトクラブから帰る途中に、「前に貸した4万ドル(約330万円)、早く返してよ!」と母親相手に大ゲンカをし、リンジーが電話で助けを求めた父親がいきなり警察に通報し大騒ぎに。

 11月になると、その父親に17歳の隠し子がいたことが全米に向けて放送され、リンジーは大激怒。この月は、大御所司会者バーバラ・ウォルターズの『20/20』のインタビューをドタキャンし、、バーバラはレギュラー出演している昼の人気トーク番組『The View』でウーピー・ゴールドバーグらを相手に怒りを炸裂。リンジーはバーバラを支持する主婦も敵に回してしまった。

 11月末にはニューヨークのクラブで「占ってあげる」と言い寄ってきた占い師に、「結構よ。クソったれたジプシーが」と暴言を吐いたところ、「クソなのは『Liz&Dick』じゃない」と言い返されてしまい逆上。占い師をパンチし、駆け付けた警官に逮捕されるという事件を起こした。ウォッカを毎晩2リットル飲むとも言われているリンジーはこの時、相当酔っ払っていたとも伝えられている。

 そして12月。日本の国税庁に当たるIRS(アメリカ合衆国内国歳入庁)から「2009年と2010年の連邦税23万3904ドル(約1,870万円)が未納」だと、銀行口座を差し押さえられたことが公に。リンジーは今年、男性誌「プレイボーイ」で脱いだギャラ100万ドル(約8,250万円)、 『Liz&Dick』のギャラ30万ドル(約2,470万円)、『Scary Movie 5』のカメオ出演のギャラ20万ドル(約1,650万円)、など2年間で総額200万ドル(約1億6,500万円)ほど得ているそうだが、ほとんど残っていないとも伝えられている。なお、リンジーは『Scary Movie 5』で共演したチャーリー・シーンから「税金の支払いのために」と10万ドル(約820万円)もらっているが、まだお礼も言っていないそうだ。

 このように、まるでトラブルのデパート状態のリンジーだが、ここ最近、「ザ・ウォンテッド」のマックス・ジョージに熱を上げており、幸せの絶頂にいるとのこと。グループのツアーバスに乗り込み一緒に移動したり、コンサートのバックステージにフリーパス状態で出入りしたり、ライブの最前列で大はしゃぎしたり、うれしそうな顔でマックスとベタベタしている様子もパパラッチされている。

 英タブロイド紙「Daily Mail」によると、リンジーはアメリカ国内だけでは飽き足らず、今後、「ザ・ウォンテッド」を追いかけ、ロンドンとドバイに行く予定を立てているとのこと。ロサンゼルス裁判所で現地時間12日の午前8時半から行われる罪状認否手続にも出廷せず、追っかけを続けるつもりだという。

 リンジーがぶっちぎろうとしている裁判は、今年6月8日にサンタモニカの高速道路を走行中、前方のトラックに衝突するという交通事故を起こした際、警察官に「事故を起こしたポルシェを運転していたのは、自分ではなくアシスタントだ」とウソの証言をしたことと、無謀運転に対する罪状認否手続である。軽犯罪であるため、担当弁護士が代理で出廷することも可能なようだ。マックスと片時も離れたくないリンジーは、迷わず裁判をブッチすることを決めたのだという。

 しかし、リンジーは昨年1月にネックレスを万引きした罪で有罪判決を受け、現在保護観察処分中の身。米ゴシップ芸能サイト「TMZ」がリンジーの訴訟に関わっている法執行官から得た情報によると、裁判官はこの保護観察処分を破棄し、あらためて「保護観察違反したのかどうか」を罪に問う公聴会を行うことを言い渡すという。公聴会は審理と同日に行われる予定だが、審理で無実になったとしても保護観察処分の破棄はできるとのことで、刑務所送りになるのはほぼ確定だとも伝えられている。なお、保護観察違反で有罪になった場合、リンジーは最高で禁錮8カ月を命じられる。6月の交通事故の件も有罪になれば、服役期間はさらに増えることになる。

 下手すると2013年の半分以上、刑務所で過ごす可能性が出てきたリンジー。彼女のおかげでグループ仲が悪くなってきたとウワサされている「ザ・ウォンテッド」のファンにとっては朗報かもしれないが、まだ26歳のリンジーが転落人生から浮かぶ道筋がまったく見えないことに、関係者も落胆の色を隠せないようだ。

グルーピーって死語だと思ってたよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム