"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第155回】

「イメージダウン」と「恋は盲目」の狭間で、尾野真千子が目指すべき●●女優

onomachi_seven.jpg
「女性セブン」12月20日号(小学館)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

第155回(12/20~25発売号より)

 「週刊文春」(文藝春秋)オリエンタルラジオ・藤森慎吾の一夜妻&妊娠中絶スクープは面白かった。「フライデー」(講談社)の藤森・田中みな実熱愛スクープは、この中絶スキャンダルのバーターだった……というメディアの裏側が暴露されたからだ。最近は、週刊誌業界も元気がなくなり、それに比例して相互批判も少なくなっていた。でも、こうしたメディア同士のバトルや裏事情は、やっぱり面白い。

1位「不倫デート撮られた ほっしゃん。『離婚』に冷や汗 尾野真千子 あの後の温度差」 (「女性セブン」12月20日号)
2位「内村航平落とした肉食妻 五輪さなかの『元カノバトル』」(「女性セブン」12月20日号)
3位「お泊り発覚で ISSA彼女の母が告白『婚約破棄 お詫びはメールで』」(「女性セブン」12月20日号)


 今年6月にほっしゃん。と尾野真千子の相合傘デートが「フライデー」で報じられた時、なにかの宣伝かと思った。“まさか”のカップリングだったからだ。しかし9月に、再び「フライデー」が熱海旅行をキャッチしたのを見て、「マジなのかも」と思った。そして、『カーネーション』(NHK)以来超売れっ子女優となった尾野をゲットしたほっしゃん。への評価が上がった。「外見はああだけど、本当は結構いい男なのかも」と。街でブサイクな男がいい女を連れていると、同じように思う。一種の錯覚かもしれないが、なんだかぶさいくな男が内面的には素晴らしく、かつ頼もしく見えてしまうのだ。

 そんなほっしゃん。だが、12月に入り、「9月末に離婚していた」とスポーツ紙が一斉に報じた。そう、ほっしゃん。には妻と3歳になる長男がいたのだ。妻子は福島原発事故を受け、沖縄に母子避難していたといわれる。別居状態の中、尾野と不倫して離婚。となれば、「尾野と再婚!」と思うのだが、事態はそうはいかなかった。

 ほっしゃん。離婚にあたり、尾野の“肉声”を、「セブン」がキャッチ(盗聴!?)した。「セブン」によれば、尾野の“本心”が吐露されたのは、飛行機の中だったという。11月中旬、尾野は沖縄へ家族旅行をした。その帰りのフライトで、隣席の女性と困惑気味に会話をする尾野。

尾野「離婚するっていうのもねえ…」
隣席女性「彼はいいんでしょ?」
尾野「さあ、わからないけど。彼が離婚するのもどうなのかなって…」

 これは、「(尾野を)目撃した人」の証言として掲載されている。本当に目撃者がいて聞き耳を立てた末に、「セブン」に情報提供したのか、それとも関係者がタレ込んだのかはわからない。が、それにしても飛行機の中での会話が漏れるというのは、ある意味怖い。

 とはいえ、尾野が困惑していたことは確かのようだ。しかも芸能関係者によれば、「尾野は離婚を知って冷や汗もの」だった。その理由はイメージダウン。確かに。熱海旅行が発覚した際、尾野の母親は「今回の報道でイメージが壊れてしまうんやないかと…」と素直にその心境を語っている。不倫だけではない。相手がほっしゃん。だから。これがおそらく母親の本心だろう。もしほっしゃん。がイケメンだったら、母親の対応も違っていたかもしれない。でも違った。身内はシビアだ。

 尾野だって「ほっしゃん。と付き合う」ことに対する “世間のイメージ”は十分承知していたのだろう。恋に夢中で周りが見えなくなったわけではなかった。だから離婚に困惑した。尾野の沖縄旅行後、ほっしゃん。のTwitterには、“尾野との別離”を伺わせる書き込みもあったらしい。かわいそうなほっしゃん。

 しかし、芸能関係者の間では「尾野の男の趣味はかなり変わっている」と、有名らしい。NHKドラマのでも共演イケメンには目もくれず、ほっしゃん。にいった。NHKだけではない。ドラマや映画の現場には、多くの共演イケメンがいる。例えば『サマーレスキュー~天空の診療所~』(フジテレビ系)には、向井理がいた。しかし尾野は向井クンには目もくれず、大道具さんなどの美術系スタッフ、しかも職人ガテン系男性スタッフと妙に仲良しだったという。そう、尾野の男の趣味は、「がっちりでどちらかというとブチャイク系」なのだ。

 (イメージダウンは)わかっているけどやめられない。それが尾野という女優さんなのだ。だったら世間からイメージダウンといわれても、跳ね返せるような大女優になればいい。目指せ! ブチャイク好き大女優!

 2008年の鮮烈デビュー以降、内村航平クンに注目してきた筆者。なんて美しいパフォーマンス! だから結構ショックでした。電撃結婚。しかも知らなかった。23歳の同じ日本体育大学出身の体操選手だった彼女(Aさん)と、昨年10月から交際していたなんて。その末に今回のデキ婚――。それだけでもショックなのに、「セブン」を読んでこれまた仰天した。結婚した女性とは別に、交際4年といわれた女性(元体操選手のBさん)までいたなんて。知りませんでした。内村クンは、そのイメージとは違って、結構肉食系だったんですね。

 いや、そうでもないらしい。

 元カノのBさんは北京五輪以前からのお付き合いで、内村クンが有名になってからは、人目を忍んで交際していたのだとか。その後も内村クンの体操を優先させ、ロンドン五輪終了まで距離を置くことにしたらしい。うーー、若いのに泣ける慎み深さ、相手を思いやるキモチ。

 しかし、そこに近づいたのが同じ大学のAさんだった。しっかり者で責任感が強い、しかもギャルっぽい美女だというAさんは、内村クンに猛アプローチ。奥手でシャイ、優柔不断で押しに弱い内村クンはAさんと交際を始めてしまう。だが優柔不断な内村クン、元カノとも連絡を取り合っていた。そして五輪中には大バトル。結局肉食系女子のAさんが妊娠したことで、勝負は決まったと相成ったらしい。草食系には押しの一手が有効だとわかったが、それにしてもマジでびっくり(しかも別報道によれば、女子フィギュアの浅田真央との関係までささやかれていたという)。やるなあ、内村クン。内村クンの母親が結婚に猛反対した理由もわかった。お母さんはBさんの存在も知っていたからなんですね。単に子離れできない母親かと思ったら、そうではなかった。

 それにしても、最近実感したのがアスリート男性の余りにも旺盛な “性力”だ。先週の池谷幸雄、スケートの清水宏保、サッカーや野球など、優秀なアスリートは精力絶倫! そうなると草食系だけど内村クンも――。かなりショックな今週の「セブン」でした。

 そして3位も「セブン」。こちらもモテモテで知られるDA PUMPのISSAだ。これまで有名芸能人と数々の浮名を流したISSAだが、昨年12月、ISSAと同じ沖縄県出身の女優・福本幸子とついに婚約を発表、と思ったらAKB48増田有華との“通い不倫”が発覚した。恋愛ご法度で有名なAKB48だから、増田は即刻脱退。ISSAと福本は婚約解消という大波乱の結末となったのだ。

 そんな中「セブン」は婚約を解消したお相手・福本の母親を直撃したのだが――。

 ISSAからメールで報告を受けたという福本ママ。しかし「ISSAは素晴らしい子。今でも大好きだし、息子のように愛してる」と、今後もISSAをも応援する優しいコメントをしたのだ。沖縄県民である福本ママは「一度会ったらみんなきょうだい」という沖縄の言葉をひいて、冷静に取材に応じている。さすがはオキナワ。鷹揚なママに感動してしまった。そして女性がこんなに優しくて鷹揚だから、オキナワ男・ISSAは遊びまくれるのか、と妙に納得した次第でした。

女の優しさはダメ男の栄養剤だからさ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 新春ジャニオタ放談
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー