ブックレビュー

仕事でも“誰にも嫌われたくない”現代人の救いの書『督促OL 修行日記』

tokusokuol.jpg
『督促OL 修行日記』(榎本まみ、
文藝春秋)

 「人を笑顔にする仕事」「お客様からの『ありがとう』という言葉がやり甲斐です」……就職サイトをめぐれば簡単に見つけられる、この種の言葉。でも、働いたことがある人には言うまでもなく、どんな仕事に就いたとしても、常に周りから感謝されるとは限らない。むしろ懸命に仕事をすることで、他人から嫌われることすらある。そんな時、その仕事とどう向き合っていけばいいのか?

 実在のOLが、自分の仕事について綴った『督促OL 修行日記』(榎本まみ、文藝春秋)は、あまり表で語られることのない「仕事で人に嫌われること」に明るく向き合った一冊だ。

 ここで言う「督促」は、簡単に言うと「期限を過ぎた借金の取り立て」。主には、カードなどで品物を買ったまま支払いをしていない客に、「お金返してください」と電話をかけ続ける仕事だ。電話を取るなり罵倒されたり、「今から殺しにいく」と脅されたりする過酷な「業界あるあるエピソード」が、高田純次風の上司や美人で毒舌の先輩、罵倒されることを喜びとする三浦春馬似のエースなど、濃いキャラクターとのやり取りと共に、コミカルに描かれている。

 そもそも督促とは、突き詰めれば「1日中、自分のことを望んでいない相手と、強制的にコミュニケーションを取らされる」という仕事。高度なコミュニケーションスキルが必要とされる職種だが、就職氷河期にやっと内定をもらった著者は、宗教勧誘やキャッチセールスにつかまって話を聞いてしまうような、人より弱気なタイプだった。

 当然督促も苦手で、客からの恫喝に近い悪口に怯え、傷つき、回収成績がダントツに低いことから社内でも叱られる。重なるストレスと疲れで毎夜のように発熱し、鼻血を出し、アレルギーで肌もボロボロになる――。それは著者だけではなく、仕事の成績は良かったのに、「仕事なのにお客さまに嫌われるのが耐えられなくて」と辞めた同期のかわいい女の子を筆頭に、心や体調を崩して倒れていく同僚・先輩たち。辞める人が後を絶たない惨状の中、それでも著者は、なぜか逃げ出さずに、仕事と向き合っていく道を選ぶ。

 仕事で病んでいく彼女ら(彼ら)の姿を通して浮き彫りになるのは、仕事の面でも「人に嫌われたくない」「自分を低く扱われたくない」と強く感じて疲弊してしまう、過敏なほどの自尊心が備わってしまった私たち自身の姿だ。

 社会で生きていく以上、「人に嫌われたくない」という気持ちは自然な感覚だ。でも、時には人に嫌われても何かを進めざるを得ないケースはある。まして、ここで嫌われる相手とは、「督促という仕事で、電話で一時的にしか関わらない、お互い顔も知らない、借金の期限を破った」人物。理屈で考えれば、どう思われようが大きな影響はないはずだ。それでも、自分が悪くないのに頭を下げるのはどうしてもムカつくし、ネガティブな反応を受け続ければ気に病んでしまう。たとえ自分の実像とはかけ離れている“仕事としての態度”でも、自分を否定されたり嫌われたりすると、そのネガティブな感情をまともに食らって、我慢できないほどストレスを感じてしまう。そこにあるのは、過剰な自己防衛だ。

 そして、督促されて怒り出す人々の方にも実は「(借金を踏み倒している)罪悪感を刺激されたくない」という感情が根底にある、と著者は分析する。督促する側と根っこは同じ、自尊心を傷つけられたくない防衛反応が、むやみに彼らを攻撃的にしているのだ。

 著者は、そんな自分や相手の過剰な防衛反応と向き合い、“面白がる”ことで、罵倒されるつらさを回避する方法を覚えていく。作中でも、どんなにシビアなエピソードが書かれている時も、思わず読者が笑ってしまうような瞬間が一緒に盛り込まれている。相手に怒鳴られている時でも、“笑いどころ”をクッションにすることで冷静になり、相手の「自尊心」をどう溶かすか、その場に合った言葉を選べるようになっていく。それは、著者が「人一倍コミュ力が低い」と自認し、傷つきやすかった頃には得られなかった、コミュニケーションスキルの一つなのだ。

 『督促OL』ほど濃縮された形ではなくても、私たちは大抵の仕事で、人から傷つけられ、嫌われる局面に遭遇する。理不尽な客のクレーム、的外れな悪口、そして、それらに対する自分自身の対応の未熟さ――。そんな現実を必要以上に怖がることなく、むしろ笑って向き合う感覚が必要とされる現代。『督促OL 修行日記』は、嫌われることを恐れる人にとって、もしくは今まさに傷ついている人にとって、したたかに今日を乗り越えるための心強い味方になるだろう。
(保田夏子)

サイ女の仕事も似たようなものです

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク