石川敏男の芸能デスクレポート

嵐を呼ぶ女・浜崎あゆみ、前夫は新恋人・マロへの“あてつけ婚”だった!?

ayu_love.jpg
『LOVE』/avex trax

 惚れっぽいのか、話題づくりなのか。爽やかな熱愛報道ではなくなってしまった歌手・浜崎あゆみ(34)の新恋人騒動。浜崎のバックダンサーを務める6歳年下の内山麿我(28)、通称マロとの熱愛が報じられ、自身の会員制ファンサイトで「マロちゃんとは真剣にお付き合いをしています」と認めた。一方、内山も「こんな私ではありますが、今後とも真剣にお付き合いをさせて頂きたいと思っております」と、報告。目撃されてきたパリやハワイのデートも事実だったようだ。

 2007年、浜崎と、バックダンサーとしてライブに参加した内山は意気投合。内山が浜崎のパフォーマンスに欠かせない存在になった。今年、『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2012 ~HOTEL Love songs~』では内山が振り付けを担当し、8月発売の「You&Me」のPVでは、2人は恋人役を熱演。その内容は、グアムのビーチで抱き合ったり、キスをしたりなど、甘く切ない“ひと夏の恋”を演じているのだ。

 しかし、2人の恋は順風満帆なものではなかった。内山には、15歳年上の妻がいた。その人物は、振付師の野村涼子(43)。年の差を乗り越えた結婚だったが、2人は離婚問題で揉めることとなってしまった。内山が裁判所に提出した資料には、「浜崎あゆみの仕事を始めた当初、現場で浜崎本人からひどくいじめられるような扱いを受け、非常につらい思いをしていた」「本来仕事のことで愚痴を言うのは嫌だったが、それを話す相手は他にいないため、実際に現場でつらい状況であることについて涼子に伝えた」「そんな話をすると涼子は『甘えている』などと怒るばかりで、励ましたり話を聞いてくれようとはしなかった」などとあり、離婚の原因は、妻が内山に優しくなかったこととしていた。これに対し野村は、「彼にとって大きなステップになると思い叱咤激励した」と反論。事態は泥沼化の一途をたどるかと思われたが、急転直下、20日、内山は自身のブログで離婚を報告、野村も合意に達したとブログで発表したのだ。

 電撃結婚、電撃離婚、そして妻帯者の新恋人発覚・交際宣言と、怒涛の展開を見せる浜崎だが、この一連の事態には、内山の存在が深く関係しているという。

 そもそも出会った07年当初から、浜崎は妻がいる内山との関係が思い通りに進まない苛立ちを、“いじめ”という形で内山にぶつけた。それは、浜崎の嫉妬による愛情表現だったようだ。そして、浜崎は、PVで共演した2歳年下のオーストラリア人俳優・モデルのマニュエル・シュワルツ(32)と、内山へのあてつけで結婚してしまう。それに慌てた内山は、離婚を考えるようになる。内山の離婚問題が裁判所に持ち込まれたのは昨年2月。浜崎の電撃結婚から2カ月目の出来事だ。このことで、浜崎と内山の関係が大きく変わる。浜崎の頭からは、夫・マニュエルが消え、内山への恋心が大きく育っていく。だから浜崎は、結婚したマニュエルと実体のない夫婦生活を送り、たった1年で離婚してしまったのだ。

 こうして、出会い頭に内山に恋をし、さまざまな人を巻き込みながらも、“略奪”という形で愛をつかみ取った浜崎。まさに嵐を呼ぶ女といったところだが、まだまだ問題は山積みだ。内山には、不倫していた浜崎似のモデルM・Sとの間に、1歳の子どももいるのだという。今後2人は、結婚に至るのだろうか。破局を迎えるのだろうか。注目していきたい。

石川敏男(いしかわ・としお)
昭和21年11月10日生まれ。東京都出身。『ザ・ワイド』(日本テレビ系)の芸能デスク兼芸能リポーターとして活躍、現在は読売テレビ『す・またん』に出演中。 松竹宣伝部、『女性セブン』(小学館)『週刊女性』(主婦と生活社)の芸能記者から芸能レポーターへと転身。

前夫・マニュエルはプレイの道具だったわけね

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

嵐を呼ぶ女・浜崎あゆみ、前夫は新恋人・マロへの“あてつけ婚”だった!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ブログマニュエル・シュワルツ不倫内山麿我浜崎あゆみ略奪愛結婚芸能ウラ情報野村涼子離婚のニュースならサイゾーウーマンへ!