サイ女からヒットのお祝いよ~

『エヴァンゲリオン』監督・庵野秀明、綾波レイと葛城ミサト声優に失恋の過去

eva_movie.jpg
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』公式サイトより

 現在、大ヒット公開中の映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』。11月17日に世界最速公開を行った東京・新宿のバルト9では、一日の動員数が1万5,290人、興行収入は2,500万円を突破。2007年2月のオープン以来、最高の数字を記録し、大きな話題を呼んでいる。

 1995年にテレビアニメ版『新世紀エヴァンゲリオン』が放送され、一大ブームになってから、はや17年。いまだに不動の人気を博している『エヴァ』だが、その舞台裏では、さまざまな問題が巻き起こっていたという。

「17年前のテレビ版『エヴァ』は、監督・庵野秀明の自己満足の産物だといわれていました。主人公の碇シンジを自分に見立ててストーリーを展開し、やりたい放題。当時の庵野の横暴さは、業界内では有名でしたよ。作品が自分の思い通りにならないと、子どものようにすねてしまい、キャストやスタッフをスタジオに残したまま勝手に帰ってしまうんです。監督不在では、当然その日の収録は不可能。後日あらためてスケジュールを組み直して、収録をすることに……なんてことは、しょっちゅうだったようです」(声優業界関係者)

 また、テレビ版が放送されていた当時、庵野は、主要女性キャスト全員に、順々に惚れてゆき、その都度手を出そうとしていたという。熱烈アプローチをしてくる庵野に、女性キャストは皆、辟易としていたようだ。

「まずは綾波レイ役の林原めぐみ、そして葛城ミサト役の三石琴乃が、庵野に目をつけられていました。しかし気の強い林原や三石は、たとえ相手が出演アニメの監督だとしても、決して動じることはなかった。さすがの庵野も、自分には手に負えないと悟って、すぐにあきらめたようですが」(同)

 そこで、最終的に庵野がターゲットに絞ったのが、主要女性キャストの中で最年少だった、惣流・アスカ・ラングレー役の宮村優子だった。

「当時、庵野の宮村に対する執着は尋常ではありませんでした。仕事以外でもしょっちゅう電話をかけるわ、何かにかこつけて宮村を呼び出し、個人的に会う算段をつけようとするわ……宮村も、初めは仕方なしに相手をしていたようですが、次第にエスカレートしてゆき、危険を感じたようです」(同)

 そんな叶わぬ恋をしていた庵野だが、ある方法で、その思いに決着をつけたとウワサされている。

「アニメ版では、音声のみで繰り広げられたミサトと加持リョウジのセックスシーンが、1997年に公開された『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』では、露出したアスカの胸を見ながらシンジが自慰行為をするシーンがありますが、『庵野は作品内で、三石や宮村への叶わぬ恋心を昇華させたのでは』といわれています」(同)

 そして、エヴァの現場の中で、もう1人の問題児だったのが、主人公・碇シンジ役の緒方恵美だ。『幽☆遊☆白書』(フジテレビ系)の蔵馬、『美少女戦士セーラームーンS』(テレビ朝日系)のセーラーウラヌスといった当たり役を持つ緒方は、繊細で心に深い傷を負いながらも、エヴァのパイロットという重大任務に立ち向かうシンジに対して、並々ならぬ思いを抱いていたという。

 映画公開前も、ファンが上映後に、主題歌の「残酷な天使のテーゼ」を歌い、三三七拍子を行うという計画をしていることについて、「非常に哀しく、かつ、憤りを感じます。 『絶対にやめて下さい』。強く願います」「エヴァだけではなく、全ての作品は、その『幕引き』まで『観て下さる方に残る余韻まで計算して』…大切に大切に、作ってきたものです。作り手全ての、大切な『エンディング』です。『ファンだから』なのかもしれない。でもファンなら(一見ならもっとですが)、大事にして下さい。私達の思いを」と苦言を呈し、話題となった。

「緒方は、シンジに対して相当な強い思い入れがあったようです。ただ、あまりに強すぎて、現場の空気を乱すことも。与えられた台本に対して『シンジはこんなことを言わない!』と言いだし、その場で音響監督と揉め、収録は一時中断。2人のやりとりのおかげで収録が長引くこともしばしばでした」(同)

 声優の中には、スタッフ陣に真っ向から意見する緒方に対して、「声優の仕事とは、与えられた台詞で、アニメの世界観を表現することだ」と、苦言を呈する者も多かったという。

「少しでも思い通りにいかないと、『私には何万人ものファンがついている』と言い放つそうです。業界内では、あまりいい印象を持たれていないかもしれませんね。そんな緒方の横柄な態度は、17年前も今も、まったく変わっていないとか」(同)

 次回作の情報も解禁され、さらに盛り上がりを見せる『エヴァ』。現場はさまざまなトラブルを抱えているようだが、多くのファンの期待に応えるために、良質な作品を世に送り出してくれることを祈ってやまない。

エヴァージンの人にもわかる、庵野のヤバさ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク