誰だか気になるわ~

「悪者になってもアクセス数を」某ママタレのバックに、“ブログ炎上”のプロ

webenjyou.jpg
『ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可
能性』/筑摩書房

 9日に第一子となる男の子を出産した東尾理子が、早くも番組出演や雑誌インタビューなどに登場してメディアを賑わせている。さらに出産後もオフィシャルブログを毎日必ず更新し、こちらにも連日多くのファンから祝福のコメントが殺到。理子は芸能イベントでプライベートを明かす夫・石田純一とは違い、ブログを通じてさまざまな報告を行っている。

 このように、今や芸能界にとって欠かせないツールとなったブログ。好きなタレントの意外な一面に触れられることもあって、ファンにもうれしいサービスであるが、ブログのアクセス数を上げるということは、もはや立派な芸能活動の一環になりつつある。ステルス・マーケティング、通称「ステマ」という、消費者に対して宣伝と気付かれないようにして商品を宣伝する行為をブログで行い、収入を得ているのだ。

 しかし、ブログのアクセス数を常に稼ぐ能力を持つタレントが、そうそう存在するわけはない。ある有名ママタレブログに関しては、ゴーストライターがすべての記事を作成しているのだという。

「かつて芸能人ブログは、毎日更新していないと『仕事がないのでは』と思われてしまうため、フリーライターが小遣い稼ぎで更新をすることが、当たり前に行われていました。当然世間に知られてはマズイので、少し前まで各プロダクションは、紹介されたライターに極秘で依頼をしていましたが、最近では求人サイトで募集を掛ける業者まで存在しています。しかし、中には、故意に“炎上”を起こして、爆発的なアクセス数を稼ぐという、“その道のプロ”もいるんです」(芸能プロ関係者)

 この関係者は、実際に某有名タレントが、ブログ作成を業者に依頼する場面を目撃したという。“その道のプロ”の正体とは――。

「ある人気ママタレの人気ブログで更新を行っているのは、大手掲示板サイトの管理者のチームだったんです。彼らはわざと批判が起こってしまいそうな、デリケートな話や時事ネタを効果的に取り入れ、半ばタレントを悪者にしてでもアクセス数を稼ぐ記事を、日々投稿していました。ネット上での“炎上”の仕組みに関しても熟知していることから、騒動の発端から沈静化まで、ほぼ想定の範囲内でコントロールできるというわけです」(同)

 無料で楽しめる、うれしいファンサービスとは裏腹に、ゴーストライター、また炎上の専門家などの存在が、ファンに受け入れられるものとは思えない。毎日更新を楽しみにしているファンのためにも、ブログ=ビジネスと割り切る方針だけは改めてほしいものだ。

私もバイトでやりたいわ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  18. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー