[TVツッコミ道場]

最小限で「美味しさ」を引き出す『孤独のグルメ』と、蛇足だらけの『花のズボラ飯』


『孤独のグルメ DVD-BOX』/ポニー
キャニオン

 今回ツッコませていただくのは、放送中の2つのドラマ『孤独のグルメ Season2』(テレビ東京)と『花のズボラ飯』(TBS系)。どちらも久住昌之原作の「グルメ」マンガの実写化だが、両者の視聴者からの評価は見事なまでに分かれてしまっている。

 まずは『孤独のグルメ』。

 主演の松重豊は、原作マンガの絵柄にはまったく似ておらず、原作よりだいぶ強面にもかかわらず、久住の世界観にこれ以上ないほどピタリとハマッている。淡々とした語りと、最小限に抑えられた表情の変化の中には、抑えきれない「美味しさ」への歓喜や興奮が溢れ出ている。大袈裟なリアクションは一切なく、微妙な表情の変化と、静かながらも饒舌な心の言葉だけで、こんなにも美味しそうに見えるのだから不思議だ。極限まで余計なものをそぎ落としていくことで、「料理」がクローズアップされ、味覚・嗅覚・食感などが生々しく伝わってくるのだろうか。

 実は同作品は、2010年にドラマ化の話があったようだ。久住氏ご本人が「『K独のグルメ』のテレビドラマ化の話が来たが、主演が長嶋一茂ということなので、丁重にお断りする。長嶋一茂は嫌いではありませんが、ちょっと。」とTwitterでつぶやいたことが当時話題になっていたこともあった。

 その際にネットで挙がった主演候補は、「高倉健」「中井貴一」「役所広司」などだったけれど、おそらく松重豊ほどのクオリティにはならなかったに違いない。ただし、唯一惜しいのは、毎回ドラマ本編の後に、原作者ご本人が登場してしゃべるところ。ユルユルした感じを出したいのかもしれないが、松重豊の静かな後ろ姿を映すドラマ本編で終わり、文字だけでお店の情報を入れるなどの方が、断然美しいと思うのだけど。

 一方で、「蛇足」だらけなのが、『花のズボラ飯』だ。キャスティングを聞いた時には、倉科カナは似合いそうだと思っていたが、やたらカラフルでポップな「汚部屋」に目がいってしまい、どうにも料理が色あせてしまう。オマケに、湯気のCGを足したり、「実況解説」なんてのが出てきたりと、余計なもののてんこ盛りだ。料理モノの表現は難しいもので、マンガにおいても、細かく丁寧に描き込んだ上に「うまいゾ」とキャラに言わせてみても、なぜか脳味噌にしか見えない『クッキングパパ』(講談社)みたいな例もあれば、単に白い物体がグニ~ッと伸びるだけでたまらなく美味しいチーズに見える宮崎駿アニメみたいな例もある。

 今回のドラマ2作品においても同様に、「いかに余分なものを削ぎ落とすか」が素材を生かすか殺すかの分かれ目になったのだろうか。せめて『花のズボラ飯』が、『孤独のグルメ』とまったく別の時期に放送されていたら、残念感はやや薄まったかもしれないのに……と思えてならない。
(田幸和歌子)

シゲアキが悪いなんて言ってないって!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  16. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー