[TVツッコミ道場]

美川憲一、明石家さんまに明かした野望は「悪いけどね、100歳以上生きるわよ」

mikawakenichi01.jpg
「たまらなく淋しくて」(日本クラウン)

 11月3日に放送された『さんまのまんま』(フジテレビ系)。『紅白歌合戦』(NHK)をはじめ、長年どこかしら「セット販売」状態で、なぜか事務所トラブルまでも揃って巻き起こった、美川憲一と小林幸子(前回)。この番組でも二本立てのセット販売状態で放送していた。そのうちの美川憲一パート。

 事務所トラブルだけに限っていえば、美川の方が後なのだが、普通にテレビには出ているし、どこかもう騒動は収束した感がある。さんまもどこか気楽そうで、芸能生活48年というだけで、「48年も芸能界にいるんですか!?」と爆笑。美川も、「へばりついてるわよ。もうアンタ、ヒルみたいに」と、ちゃんとバラエティ向きな返し方をしてくれる。すっかり通常営業だ。

 さて、美川といえば、やはり『紅白』での小林幸子との豪華衣装対決というイメージが今も強い。しかし、幸子と違って2年前にすでに落選している美川にとっては、今はもうそこまで『紅白』はデリケートな話題でもないよう。さんまに話題を振られても、

「落とされたのよ~~~!」

と、しなを作って冗談めかして答える余裕もある。そんな『紅白』をめぐる話が一通り終わったところで、

「今日3日目なの、断食して」

と、唐突に言う美川。その唐突さにさんまも、

「ファーー!」

と、鳥のような声をあげて爆笑。断食の理由は「毒素を出すため」なんだそう。

「私の肌がきれいだっていうのは、やっぱり毒素を抜いてるんですよ」

とのこと。まあ本人も、「私の歳だったらみんなクチャクチャよ」と言うように、実際若々しく見えるのだが、さんまは直球でいじる。

「もう死んでもいいでしょ」

 しかし美川は死なない。

「悪いけどね、100歳以上生きるわよ」

 100歳の美川さん……。もう、妖術か魔法でも使えそうだ。さんまも、「美川さんなら100歳まで生きそうだけど」と言いながらも、

「綺麗なまま死になはれや!」

と、結局殺しちゃった。続けて、

「やだ! 殺さないでちょうだい、悪いけど」(美川)
「ファ~~!(甲高い笑い声)」(さんま)
「『ファ~~!』じゃないわよ、アンタ」(美川)

と、テンポのいい漫才みたいな掛け合いになってきた。さらに100歳まで生きるという美川にさんまが、

「家族のこと考えてください」

と言うと、美川はこう返す。

「家族いないのよ」

 これにさんまが、

「1人で100まで!?」

と、悶絶。100歳まで生きる、1人きりの美川さん。ますます妖術感が高まってきた。その後もさんまと美川の漫才は続く。スカル柄が好きだと言う美川に、「ほっといてもスカルになるのに?」とツッコめば、「言われると思った」と返す。美川が、デコられたスカルが背中に描かれたカシミアのパーカーをさんまにプレゼントするのだが、コレ、美川さんとお揃いになんだとか。でも、一緒には着ない。なぜなら、

「一緒にこうやってアンタ、着てたらさ、あの2人おかしいんじゃないの? って思われると大変だから」(美川)
「美川、とうとうあんな奴に手ぇ出したんかと」(さんま)

 さすがに誰もそうは思わないと思うが、スカル柄のパーカーのペアルックで歩くさんまと美川の姿は、想像するだけで相当面白い。番組中、さんまは何度も「ファ~~!」と、悶絶していたが、それが最高潮に達したのが、先の断食の話の中だ。

「ウンチとか出ないでしょ、そうなると」

と疑問をぶつけるさんまに、

「言っていいかしら?」

 と、ちょっと間を置いて美川がキメる。

「……枯れ葉みたいなのが出てくるのよ」

 !!! さんま、撃沈。美川から出てくる枯れ葉……。100歳の話もペアルックもそうだが、聞く側に超面白いイマジネーションを膨らませてくれるのは、やっぱりそのキャラの強さあってこそ。そこはさすがです、美川さん。
(太田サトル)

もっと淋しくなるよ

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

美川憲一、明石家さんまに明かした野望は「悪いけどね、100歳以上生きるわよ」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! TVツッコミ道場小林幸子明石家さんま美川憲一のニュースならサイゾーウーマンへ!