これからどう生きる?

美元、起死回生のヌードは実らず!?『花と蛇』への出演を高嶋家が阻止

miwon02.jpg
美元オフィシャルブログより

 「芸能生活をなげうってでも」と離婚を切望した高嶋政伸の希望が、ついに実ることとなった。9日、長きに渡った妻・美元との泥沼離婚裁判の判決がくだり、高嶋側の主張が認められた。しかし、裁判中も俳優業に務めた高嶋とは対照的に、一時期こそバラエティなどに出演していた美元だが、所属事務所も追われ、今後の活動の見通しさえつかない状況だという。

 美元は騒動勃発時、TBS系『サンデー・ジャポン』など、バラエティ番組で夫婦ネタを小出しにしていた。しかしそれが結局アダとなり、テレビ局や所属事務所から見切りをつけられた上、裁判結果にまで悪影響を及ぼしてしまった。やはり所属事務所がないようでは、芸能活動を送ることは難しい。そこで美元は、周囲の支援者のコネクションを使って、さまざまな策略を練っていたという。

「その1つが、北野武のオフィス北野に所属させてもらおうという作戦でした。美元は近しい関係者を使って、一部マスコミに『武が美元に興味を持っている』というガセ情報を流しました。しかし、この動きを察知した武は、『冗談じゃない。いらないよ』と早めの火消しを図り、美元のオフィス北野所属説はすぐ立ち消えになりました」(芸能プロ関係者)

 さらにもう1つ、美元の起死回生の策も、すんでのところでお蔵入りしていたこともわかった。

「美元が極秘で進めていたのは、ヌード披露による話題作りです。当然リスクもありますが、女性タレントが脱ぐのは、“裸一貫で仕切り直し”を世間にアピールする時の常套手段。実際に美元には、濡れ場も込みという条件で、映画『花と蛇』のオファーが入っていたのです。しかし、こちらは高嶋側からの物言いでお蔵入りすることになってしまいました」(週刊誌記者)

 『花と蛇』といえば、杉本彩や小向美奈子が濡れ場を披露して話題になった故・団鬼六氏原作のSM作品。杉本は同作への出演で、女優として高評価を得ただけに、美元もその路線を狙っていたという。

「しかし高嶋の父親である高島忠夫は、団氏とは学生時代から懇意の関係。オファーの動きをいち早く知った高嶋家は、同作の権利を持つ団家に対して『美元にこれ以上恥をかかされたくない』と物言いして、結果的にオファー自体が消滅してしまったんです」(同)

 こうして芸能界への進出プランは次々と失敗し、夫婦関係に関してもついに消滅することが決定的となった美元。高嶋家の呪縛からも逃れられず、まさに絶体絶命だが、果たして救いの手を差し伸べる者は現れるのだろうか。

高嶋家、余計なことをしおって

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  7. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “消えたAKB48”河西智美は今
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. ムショ飯はうまいのか?
  13. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 新春ジャニオタ放談
  20. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!