今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

宮崎あおいに外国語をしゃべらせることで、制作側が隠蔽したかったもの

宮崎あおいに外国語をしゃべらせることで、制作側が隠蔽したかったもの

 洋服ブランドでフィンランド語、洗剤のブランドではドイツ語と、出演するCMで、何か外国語ばっかりしゃべらされている宮崎あおい。普通にしゃべると何かが悪目立ちしそうだから、保険の意味で「何かイイ感じに外国語で」ってことになってるような気がするが。まさか2つのCMを同じところで作っているワケでもないだろうし。同時期に複数のCMが同じ断を下したってことは、やはり宮崎あおいから、隠したくなる何かが立ち上り、悪目立ちしてるってことなんだろう。しかし、外国語をいい感じにしゃべっても、宮崎あおいから立ち上る「何か」は感知されてしまっている。もう基準値を超えているのかもしれない。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

宮崎あおいに外国語をしゃべらせることで、制作側が隠蔽したかったもののページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!