懲りない女ね~

深田恭子も不満爆発!? 専用のカンペまで用意させる女優・佐々木希の悪評

sasakinozomi.jpg
『佐々木希 Aoko Style Book』/宝島社

 以前より批判が多かった佐々木希の女優業について、最新出演ドラマ『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』(フジテレビ系)でも散々な評価が下されているという。事務所の方針でバラエティタレントとしての道を捨てた佐々木だったが(既報)、当人の女優業へのやる気のなさは、関係者が想像する以上のものだったようだ。

 深田恭子主演で、初回14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、まずまずの滑り出しをみせたが、その後は9%台と緩やかな下降を続けている『TOKYOエアポート』。しかし、深田や佐々木をはじめ、瀬戸朝香、佐藤江梨子、山口紗弥加ら女性キャストは、珍しい空港でのロケを和気あいあいと楽しんでいたという。しかし……。

「佐々木さんのNG回数が、とにかく多いんです。同じところで何度も噛むし、長いセリフを覚えられないのか、彼女専用のカンペまで用意されているんです。また、台本を理解していないのか、ジョークの要素が強いシーンなのに、シリアスな口調で話してしまい、監督だけでなく共演者まで呆気にとられてしまったことも。最近では『ちょっとおかしいな』と思うシーンでも、監督も諦めてしまったのか、OKが出るようになっています」(フジテレビ関係者)

 撮影開始当初は仲良しだった女性グループも、だんだんと佐々木のNGに不信感を募らせる事態に。今ではNGにツッコむのは、佐藤くらいになってしまっているのだという。

「特に深田さんは相当イラついているみたいで、佐々木が噛んだ瞬間に、すさまじい目つきになるんです。しかし、当の本人はどこ吹く風。出番がない俳優は、別室で撮影シーンを見ているのですが、彼女だけはずっとiPhoneをいじっていて、関係者は『こんなことやりたくないと、全身で訴えてるようだね』と陰で話していますよ」(同)

 また空港ロケという特殊な環境も、現場の空気を悪くする要因になってしまっているという。空港内での撮影には、さまざまな制限が課せられ、キャストも必要最低限の荷物しか持ち込まないように指示され、トイレにすらなかなか行けない状態。さらに撮影時間も一般客がいない深夜に限定されるため、少しの延長も許されない、かなりタイトなものだという。そんな中で佐々木のNG連発に、出演者やスタッフの不満がたまっていくのも当然のことかもしれない。

「何度もNGになった後、ようやくOKが出ると、佐々木のマネジャーが『バッチリだったよ!』と佐々木をべた褒めすることが、さらに場をしらけさせています。『周りに迷惑をかけていることは明らかなのに、なんで注意しないんだろう』としか思えない。彼女の今後の女優業どころか、所属事務所の評価も下がっていますよ」(芸能プロマネジャー)

 佐々木の女優一本化は、今のところ裏目としか思えないが、今後どこからも声がかからなくなってしまう前に、何らかの転機が訪れてくれることを祈りたいものだ。

図らずもサトエリのいい奴ぶりが判明

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク