その他
【ジャニーズ研究会レポート】

包丁さばきは華麗だけど……加藤シゲアキは不要!? 新ドラマで論争

包丁さばきは華麗だけど……加藤シゲアキは不要!? 新ドラマで論争

 10月23日からスタートしたドラマ『花のズボラ飯』。「Eleganceイブ」「もっと!」(秋田書店)で連載中の、久住昌之原作・水沢悦子作画の大ヒットマンガが原作です。宝島社『このマンガがすごい!』2012年版オンナ編第1位にも輝いた作品です。原作にはないオリジナルキャラクターのズボラ研究所所長・遅井役で加藤シゲアキが出演しています。主題歌はNEWSの新曲「ポコポンペコーリャ」。  ストーリーは、食べることが大好きで、家事は大の苦手なズボラな主婦・駒沢花(倉科カナ)が、単身赴任中の最愛のダンナ様ゴロさんを思いながら、お腹が空いた時に手抜きをしつつおいしそうな「ズボラ飯」を作るというもの。第1回では、食パンと鮭フレークを使って「シャケトー」と「ピザトースト・シャンチョビ味」を作りました。そんな花を、ズボラ研究所所長役の加藤は温かくも冷静なコメントで解説していきます。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

包丁さばきは華麗だけど……加藤シゲアキは不要!? 新ドラマで論争のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!