食べ過ぎでは片づけられない

本番前に飲食店を4軒はしご! フジ・大島由香里アナに過食症の疑い

ooshimayukari.jpg
大島由香里公式プロフィールより

 23日発売の「フラッシュ」(光文社)に掲載された、フジテレビアナウンサー・大島由香里の記事をめぐって、“ある疑惑”がささやかれているという。滝川クリステル、秋元優里らに続き“フジテレビ夜の顔”として10月から『ニュースJAPAN』新キャスターに抜擢された大島アナだが、果たして本人の心境は――。

 同誌に掲載されたのは、大島アナが本番の数時間前に飲食店を4軒ハシゴし、1人で“フードファイト”を繰り広げていたというもの。都内・渋谷区のラーメン店を立て続けに2店舗訪れ、間髪入れずにさぬきうどん店でも食事をしたという大島アナ。その後は、仕事に向かうのかと思いきや、さらにサンドイッチ店に入り、テイクアウトもせず、その場ですべて食べてしまったという。最初のラーメン店から最後の店を出るまで、時間にしてわずか1時間半ほどだったそうだ。

「記事では『食べ過ぎには気をつけてください』くらいの書き方になっていますが、明らかにフジテレビサイドや大島アナに気を使っていますよ。撮影したカメラマンの名前も入っていないし、『記事は出したいけど、揉め事にはしたくない』という出版社側のもくろみがにじみ出ている。見る人が見れば、シャレでは済まない内容なだけに、過食症といったネガティブなイメージを排除して、笑いのネタに転化したのでしょう」(週刊誌記者)

 念願だったという『ニュースJAPAN』のキャスター抜擢は、やはり相当なプレッシャーになってしまっているのだろうか。同じ女子アナでは、テレビ東京アナウンサーの紺野あさ美が、過食や嘔吐を繰り返していると報じられた。大島アナの記事について、女性クリニック勤務の医師が語る。

「記事を見る限り、大島さんの食事の取り方は、単なる大食いのレベルを超えています。摂食障害、いわゆる過食症といえるでしょう。やはり原因は、ストレスやプレッシャーからのものが大半で、特に人前に出る仕事をしている方は、こうしたムチャなストレス発散に走ることが多いです」

 大島アナは以前、フジテレビ入社後に体重を12キロも落としたことを明かしている。しかしこれだけ食事を取りながらもスレンダーな体形はキープしていることから、過食後の嘔吐を繰り返している可能性も指摘する。

「こうしてマスコミに勘付かれ、誌面に出るリスクもあるのに、都心の飲食店を回っているのですから、危険な状態と考えられます。どうしても食事でストレスを発散したいのであれば、自宅ですればいいのに、通勤前にやってしまうのは、それだけ追い詰められているということでしょう。生きていく上で食事は切り離せないもの。根本的な原因であるストレスから解放されないことには、改善は難しいと思います」(同)

 あるインタビューで、「お昼ごはんを食べながらしゃべるのが、ストレス解消になるのかな」と語っていた大島アナだが、キャスター就任から1カ月足らずで、精神的に限界が近づいてしまっているのかもしれない。

女子アナのストレスって計り知れない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  7. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “消えたAKB48”河西智美は今
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. ムショ飯はうまいのか?
  13. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 新春ジャニオタ放談
  20. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!