元祖女性レポーターは熟女ブームをどう見る?

「いい加減にしなさいよ!」東海林のり子、ピース綾部祐二をぶった斬り!

syoujinoriko.jpg
『東海林のり子「芸能界」心にしみる、
いい話』/二見書房

 「週刊ポスト」(小学館)が今年8月に藤田紀子との交際を報道して以来、すっかり「熟女キラー」のポジションを確立してしまったピース・綾部祐二。30歳差の親密交際に藤田はやや乗り気に対応していたかと思いきや、昨年のクリスマスイブを共にしたという五月みどりが「(藤田に)取られちゃった」とポツリ。さらに最近では、奈美悦子が、綾部から「思わせぶりなメールが送られてきた」と“参戦”してくる始末だ。

 現在、各方面の熟女が綾部を取り巻いている状況だが、「女性自身」(光文社)最新号では、芸能レポーター・川内天子さんが、綾部に「実はタイプなんです、お付き合いしてください!」と告白されたという逸話を告白。さらに「ベッドインのお誘いだって、すぐOKしちゃうかも(笑)」と逆アプローチも送っている。

 かねてから「熟女好き」を公言していた綾部だが、藤田さんとの報道以降、次々と熟女が「アプローチされた」と名乗りを上げる展開に。一体なぜ綾部は、熟女に大モテなのか。そしてなぜ、彼女たちは綾部にラブコールを送ってしまうのだろうか。サイゾーウーマンは、御年78歳の元祖女性レポーター・東海林のり子さんに意見を伺うことにした。

――ピース・綾部祐二さんが芸能界の熟女たちにアプローチをかけまくっていると話題ですが、東海林さんはこの件に関してどう思われますか?

東海林のり子さん(以下、東海林) こんなの、誰が得するのかわからないわね。当事者からすれば年齢差もあるし、どっちも傷つかないと思って面白がっちゃってるんじゃないの? 今、芸能ネタも少ないし、注目されるから。便乗商法ってヤツ。

――やはり熟女たちも、面白がって乗っかっているのでしょうか。

東海林 そう。これから先も出てくるんじゃないの?

――レポーターの川内天子さんの名前も、取り沙汰されていますが。

東海林 ……あの川内? いろいろあるからね、あの人は。綾部くんに誘われたって言ってるの?

――綾部さんに「タイプだ」と告白されたそうです。

東海林 何、それを真に受けちゃってるわけ? まずね、取材する側がネタ振っちゃダメよ。でも芸能ネタがない今だから、彼女たちからしたらチャンスなのかもね。毎日小林幸子じゃ、引っ張れないものね。

――そ、そうですね。

東海林 奈美悦子さんの後に、また美人女優が出てくればよかったのに、川内さんが出てきたんじゃ、もう打ち止めよね。その後の人に失礼じゃない。

――いえいえ、川内さんもおキレイですよ……。

東海林 これまでの方にも失礼よね。五月みどりさんや奈美さんなら、まだ惹かれるのもわかるけど……。口説かれた人たちが恥をかかされちゃってるわ。「お前、なんでもアリかよ」って感じじゃない。

――ちなみに東海林さんは、綾部さんと面識は?

東海林 番組で一度一緒になったんだけど、周りがはやし立てて「77歳(当時)はダメ?」って聞いたことがあったくらい。

――えっ! 東海林さんも候補に挙がっていたんですか?

東海林 バラエティで、ちょっとイジっただけよ。返事は聞けなかったけどね。というか、川内さんの後なんてイヤよ。

――そうですか(笑)。でも、実際にプライベートで食事なんてことになったら?

東海林 もうね、孫なのよね。なんか説教しちゃいそう。「アンタ、いい加減にしなさいよ!」ってね。でも、もう1人くらい、度肝を抜くような人とくっついてくれたら面白いかなとも思う。

――もし東海林さんにアプローチが来たら、教えてください。

東海林 いや、来ないわよ! ……来ても書かないでよ(笑)。

――では逆に、どんな人からアピールされたらOKしちゃいますか?

東海林 そうねぇ~。私、ロックバンドのステキな人をいっぱい見てるじゃない? 変に名前を出すと炎上しちゃうから、どなたとは言いませんけど。

――目が肥えていらっしゃると(笑)。

東海林 イケメンは見慣れてるから別にいいわ、もう。

 終始楽しげに話しながらも、タレントやレポーターの手法、芸能界でのポジション争いについて苦言を呈することも忘れない。さらに、綾部に対しても、「もう飽き飽きよ」と呆れつつ、「次は誰が綾部くんと絡むのかな」と、愛のあるメッセージを送る東海林さんだった。

のり子さんはhideだよね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  15. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. ムショ飯はうまいのか?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!