【ヤリマン肯定主義】第14回

「エロく賢くおもしろく」気高き“ヤリマンヌ”になるための3レッスン!

yarimankouteisyugi14.jpg
photo by 陳驚 Flickr

 ジャニーズファンと並んで、熱狂的なのといえば宝塚ファン! 男装の麗人が繰り広げる夢の舞台にハマる女性のなんと多いことでしょう。宝塚歌劇団の団員は「タカラジェンヌ」と呼ばれ、女の園に憧れるヅカファンたちを魅了し続けています。

 ヤリマン界の皆さんは、「女の園よりも男の園!」という考えの人が多いでしょうが、宝塚にはヤリマン活動にも応用できるテクニックが潜んでいるんです。「宝塚ブスの25箇条」という言葉をご存知でしょうか? 宝塚の舞台裏には、いつ誰が貼ったのかわかりませんが、「笑顔がない」「御礼を言わない」「おいしいと言わない」など25箇条に及ぶブス例が掲げられているとのこと。これをヤリマンテイストにアレンジして、ブスヤリマンにならないよう精進したいものですね。そして、「清く正しく美しく」のタカラジェンヌならぬ、「エロく賢くおもしろく」の気高きヤリマンヌを目指しましょう。

①エロくないのはブスヤリマン

 容姿端麗であることが絶対条件とされているタカラジェンヌに対して、私たちはあくまでも一般人です。容姿端麗である必要はないでしょう。絶世の美女でなくても性行為をする資格はあります。ただしヤリマンヌたるもの、美女でなくても「エロい女」である必要はあります。下ネタに拒否反応を示すようでは「エロい女」とは言えません。初体験の年齢や経験人数など、飲み会や合コンの鉄板トークにも余裕かつ適度な恥じらいを混ぜ、「エロい女」アピールをしましょう。そうすることで、男性側もぐんと声をかけやすくなります。

 また、外見的エロさも重要です。簡単なのは、もうとにもかくにも胸を出すこと! ポロリのことではありません。タートルネックよりもVネックで臨みましょう。飲み会や合コンに限らず、日常的に胸元の開いた服を着るように心がけたいものですね。

 胸を出すことで、エロトークに誘導しやすくもなります。最近では、ありがたいことに「女のオッパイを触りたがる女」が非常に多いのです。「○○ちゃん、触らせてー」などと寄ってくる「乳揉み女子」に、気前よく触らせている貴女の堂々たる姿に男性が触発され、「誘おう!」という気分にさせることが可能です。タートルネックは脱がせにくいイメージが強いので、「セックスまでの道のりが遠そうだなぁ」と、男性のテンションを萎えさせてしまいます。

②賢くないのはブスヤリマン

 一流大学を出ているとか、一流企業に勤めているという意味での「賢さ」ではありません。「この女、アホだな」と思われない程度でけっこうです。アホだと思われる危険ポイントは、なんといっても「ムダなおしゃべり」でしょう。

 ①で、「下ネタを拒否するな」と書かせていただきましたが、その下ネタが、直近に肉体関係を持った男性との生々しすぎるエピソードだったり、嘲笑するような内容だと、男性は一気に萎えます。「俺との情事もあちこちで吹聴されそう」「人のセックスを笑うな!」と、貴女に対する評価はガタ落ちです。同席している女性たちは、「ライバルが1人減ったわ! アホね」と思うでしょうこと。

 みなさん、いいですか。そもそも、ヤリマンヌにとってセックスは日常茶飯事の出来事。ハミガキしたことや顔を洗ったことをいちいち喋る人はいませんよね? それと同じです。

③おもしろくないのはブスヤリマン

 芸人ではないのですから、ギャグセンスを磨く必要はないでしょう。ただし、場を盛り下げないためのユーモアは大事です。

 例えば、うまいことお持ち帰らせに成功し、いざ性交という時……「俺ってナマ派なんだよね~」という謎の派閥に属している男性、意外と多いのです。私も、これまで数えきれないほど遭遇してきました。ナマ派閥本部があればクレームをつけたいくらいです。「ヤリマン=セックス好き」と見られるのは当然のことですし、当たっているのですが、「セックス好き=ナマOK」と見られるのは厄介ですよね。

 事前に、ナマ挿入ゴリ押し男を嗅ぎ分けられればベターなのですが、外見的特徴があるわけではないので、私は飲み会や合コンの時点で話題に出すようにしています。「コンドームをお財布に入れておくと金運が上がるらしいよ」など、あくまでさりげなく話題提起し、お相手の避妊スタンスを見抜くのがヤリマンヌの流儀。

 事前確認できずにホテルにチェックインし、ナマ挿入ゴリ押し男と判明することもありますよね。私も、「もしデキたらどうするの?」という問いに対して、「そんなヘマはしねーよ」という謎の自信を見せつけられたことがありました。

 ここでユーモアの出番です。私は「チ○コ蹴るよ(笑)」と言うことにしています。こういったシーンでは、真剣に避妊の重要性を説くよりも、ギャグにした方がスムーズです。

 ほか、精飲やアナルファックなど、ハードプレイを求められた際も、「ごめんなさい、ムリなの」とブリッコするよりも、「じゃあ半分ずつ飲もう!」「じゃあ私にも前立腺攻めさせて!」など、ユーモアを交えて明るく健やかに回避しましょう。

 ここに挙げたのは、ヤリマンヌお作法のごくベースの部分です。ブスヤリマンと後ろ指をさされぬよう、「エロく賢くおもしろく」を心がけましょう。

菊池美佳子(きくち・みかこ)
21歳で処女のままキャバ嬢デビュー。その後、数々のナイトワークとオトコのカラダを渡り歩き、ハケンOLを経てヤリマンライターへ転身。
ブログ「マンゴージュースと黒あわび

今回の「ヤリ肯」はお上品さが際立ちましたね!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  4. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  9. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  16. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  17. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  18. 他人の記事をパクるのはこんな人
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!