ケンカっ早いってだけだよね?

キンコン・西野に続け! ドランクドラゴン・鈴木拓「二代目炎上王」を襲名か

suzukitaku.jpg
『ライブミランカ ドランクドラゴント
ークライブ 「鈴木拓のトークは俺にま
かせなさいっ! ついて来れるか塚っちゃ
ん!!」 』/ジェネオン エンタテインメント

 お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が、10月7日に放送されたフジテレビの人気番組『逃走中』での行動が原因となり、ネット住民から非難を受けている。

 同番組は、「ある『エリア』で、限られた『時間』の中、『逃走者』が『ハンター』から逃げ切れたら『賞金』を獲得できるゲーム」(同番組公式HPより)。逃走時間によって賞金が加算される一方で、逃走者には「自首」という選択もあり、エリア内に設置された自首ボタンおよび自首用電話を使うことで、ゲームをリタイアでき、それまでの賞金を獲得できるのだ。

 ただ、バラエティ番組の特性上、これまで自首した芸能人はごくわずか。ところが、逃走者である鈴木は、賞金130万2,000円の時点で自首を選択。大金をゲットしたわけだが、これにネット住民が猛反発した。鈴木のTwitterには、「番組を盛り下げた」「クズ人間」「明日ゴミ箱に行ってください」など容赦ないコメントが殺到し、大炎上してしまったのだ。

 こういったネット住民からの攻撃に、鈴木はめげずに応戦。「興味ないのにコメントいただいてくれるんですね。ありがたいです」「なにかゴミ箱に落ちてますか?とりあえず行ってみますね」など、誹謗中傷をいなすツイートを連発した。11日には「あ~下痢と炎上が治らない」と体調不良を告白するも、続けて、「汚い話になりますが僕は痔が再発してしまいました。何ででしょう? お尻が非常に痛いです。皆さん、良いお薬無いですかね? お尻の炎症が治る薬は? あっ!あとついでに炎上の治る薬も」と自虐的にツイート。「反省の色がまったく見られない」と、さらにネット住民を挑発することとなったが、12日「諸事情によりTwitterをやめたいと思います」という言葉を最後に、突如Twitterのアカウントを削除してしまったのだ。

 このように、ネット住民からの挑発にすぐ熱くなってしまう鈴木だが、ネット上では「元祖炎上王」と呼ばれる・キングコング西野亮廣を継ぐ存在なのではと、ひそかに注目が集まっている。西野は、2007年12月、自身のブログで2ちゃんねらーを「投げっぱなしの意見をする奴を僕は認めない。(中略)とてもカッコ悪いし、わかりやすく言えばアホだと思う」などと批判し、大炎上。以後、西野が何を言ってもネット住民に“叩かれる”こととなり、09年7月5日に「あと363回の更新で終了」と宣言をしたのち、10年7月3日に、ブログの更新をストップさせた。

 今回の鈴木の一件には、西野のパターンと似たところがあり、「二代目炎上王」として期待を寄せるネット住民も多い。さらに、西野がブログの更新を辞めた1年後にTwitterを開始したことから、「鈴木もまたTwitterに戻ってきてほしい。ネット住民との攻防を見せてほしい」といった声も上がっている。

 某お笑い芸人いわく「あいつ(鈴木)はああ見えて、攻撃的なんですよ。気に入らないことがあると、先輩芸人やスタッフにも食ってかかる。ファンと口論になったこともありました」とのこと。今回の炎上騒動からは逃走してしまった鈴木だが、再びTwitterに舞い戻ることはあるのだろうか?

勝手にやってください

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク