その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「高地はヤバイ、高地はヤバイ! 私服もヤンキー!!」バカレア組の暴露合戦

【ジャニーズ研究会より】

<アイドル誌チェック!!>

 今月号の「duet」(ホーム社)、まずはA.B.C-Zのインタビューから見てみましょう。デビュー後、DVDリリースに舞台にと走り続けている彼らが、「ココロの充電」と題し、オフの時間を語っています。とはいえ、「最近、朝から晩まで丸々オフっていう日は少ないんだ」(橋本良亮)、「一番最近のオフっていつだ…? 8月の前半に1日あったとおもうんだけど、遠い昔すぎて何してたか覚えてないや」(五関晃一)と語るように、実際のオフはほとんどないとのこと。橋本、河合郁人、戸塚祥太が挙げたDVD鑑賞がやはりてっとり早い気分転換になるようです。

 そんな中でもマイペースを崩さないのは、五関。1カ月のオフがあったらと問われても、「んー、いきなりだととまどうかもしれないな。ただでさえ腰の重い人間だからね」と海外に行きたいと話すメンバーとは正反対。それでも事前に長期のオフを伝えられていたら、「さすがのオレでもどこかへ行くかな」とようやく動き出すそう。さらに、近況を聞かれた五関はタッキー&翼の10周年コンサート後に2日連続で行われた“塚田会”(※塚田僚一を会長とし、グループの垣根を超えた食事会)に誘われたエピソードを話します。

「オレも『来るでしょ?』って言われてたんだけど、ずっとスルーしてたの。そしたら、塚ちゃんが『6名ぐらいで』って店の予約をし始めて。その段階でとっつーも人数に入れられていることが判明。(略)ビックリしてたけど、『わかった、行くよ』って。そこで初めてオレも塚田会長から……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク