[短期集中連載]「忍たま乱太郎」のイケメン俳優に聞いてみよう!

『ミュージカル 忍たま乱太郎』第四弾決定! 前内孝文クンに直撃インタビュー

maeuchi-main.jpg
前内孝文クンが登場☆

1993年に放送が始まったアニメ『忍たま乱太郎』(NHK)。そのミュージカル版が2010年より年2回ペースで公演され、女性から人気を博しているのはご存知でしょうか? 2次元でも3次元でもない「2.5次元」の世界で注目を集めているイケメンくんたち。その実生活に迫るべく、4回目となる今回は、ミュージカル版第二弾から食満留三郎を演じ、第四弾公演で5回目の出演になる前内孝文くんに登場してもらいました。

――『ミュージカル 忍たま乱太郎』では、どのように役作りをされましたか。

前内孝文氏(以下、前内) 僕は元々アニメと漫画が大好きだったので、子どもの時に『忍たま』を見ていましが、その頃、食満はまだ出ていなくて。舞台で三代目の食満となるので、少しでも原作に近づけるようにアニメや映画を見に行ったり、ドラマCDも買って聞いたりしました。CDを聞きながら声から似せようとしてみたり、すごく勉強になりました。ミュージカルに出ているキャラクターで好きなのは七松小平太で、僕自身にない部分があるのは善法寺伊作です。優しくて、一番人間ぽくていいなと思います。ミュージカルに出てないキャラでは、戸部新左エ門先生、雑渡昆奈門さん、小松田(秀作)さんが好きです。

――今まで『ミュージカル忍たま乱太郎』第二弾から4回連続で出演されていますが、振り返ってみていかがでしょうか。

前内 三弾再演が苦労した分楽しかったです。二弾と二弾再演は、役と作品に対してすごく考えて、がむしゃら感が強かったのですが、どんどん役に近づけていると感じられました。三弾では台本も変わり、みんなと相談しながら掘り下げていけたんですけど、三弾再演の時は、再演なのでさらに何か変わらなければいけない部分と、受け継いでいかなければいけない部分があり悩みました。そこは、善法寺伊作役の椎名鯛造くんと話したり、乱太郎役の吉永拓斗くんと話したりしましたね。

mauchi-02.jpg

 三弾と三弾再演では、尼子(騒兵衛)先生から食満、伊作、乱太郎に言ってほしいという台詞を追加で頂けたたりしてうれしかったし、前回までは、終わった時「楽しかったな」とか、「この役をほかの人がやったらどうなるのだろう」とか思っていたんですけど、「このメンバーでやれるのは最後なんだ」とか、「三弾再演というのはもう一生できないんだ」と考えた時に、「この食満という役は誰にも渡したくない」と素直に思いました。何も言わないのにわかりあえるというか、以心伝心で素のままでいられるファミリーみたいな感じでした。

――前内さんは、出演者の中で、「お父さん」ポジションだったそうですね。

前内 そうなんですかね? でも僕が怒るとシーンとなります。僕は普段あまり怒らない方なのですけど、一年生が泣いたり、ケンカで収まらない時は僕を呼びに来ましたね(笑)。それで仲裁に入ってどっちの話も聞いたりして。六年生のキャストだと年齢も一番上なんです。実は土井先生役の真佐夫くんよりも年上で。でも真佐夫くんは、「土井先生」なのでずっと敬語でした。

――前内さんと食満で似ている部分はありますか。

前内 共通するところは子どもが好きなところと、熱いところで、あと自分ではわからないのですが、食満顔だと言われます(笑)。二弾で初めて『忍たま』に参加してキャストに挨拶をした瞬間に、「あ、食満だ」と思われたみたいです。

――同室の善法寺伊作との絆も毎回見どころでしたね。

前内 伊作役の椎名鯛造くんとの掛け合いはおもしろいです。稽古中に僕が適当に言った台詞をしっかりと返してくれたり、ふとした瞬間に見ていたら向こうも見ていてくれたり。椎名鯛造くんは、伊作として舞台に立っていてくれるので、こちらも食満として舞台にたっていると自然に関係性が出来上がりました。『忍たま』の中だと一番僕のことを知っていると思います。プライベートでも一緒に服を買いに行って、おそろいの服を買ったりしました(笑)。

――舞台のメイクは大変でしたか。

前内 原作のイラストが鏡前に置いてあるのですが、それを見ながら毎回自分でメイクをしてるうちに「今日は化粧のノリが悪いな」とか女の子の気持ちがわかるようになりました(笑)。七松小平太役の林明寛くんも、「今日眉毛一本でいいかな」とか言ってメイクをしていたんですよ。立花仙蔵役の南羽(翔平)くんが、舞台へ行く前に円陣を組もうって言うんですが、僕がメイクを一番最後までやっているので、「早く!」って言われて衣装を半分しか着ていない状態で円陣に混ざったりしていました(笑)。

――舞台『ふしぎ遊戯~青龍編~』のエピソードお聞かせ下さい。

前内 玄武七星士の斗宿という役をやりました。姉の影響で、子どもの時にアニメを見ていた作品でした。この役を受けた理由は、今までやったことない役なので挑戦してみたいという気持ちと、『幽☆遊☆白書』(フジテレビ系)の飛影が大好きで、飛影を演じていた声優の檜山修之さんが、アニメでこの役を演じていたのがきっかけでした。檜山さんは、『勇者特急マイトガイン』(テレビ朝日系)とか僕の見ていたアニメでよくヒーローをやられていて、好きな声優さんです。

maeuchi-03.jpg

――休日はどう過ごされていますか。

前内 漫画を読んだり、アニメを見たり、映画や舞台を見に行ったりします。でも仕事が好きなので、仕事をしていたいです。

――この世界に入ったきっかけをお聞かせください。

前内 最初は、教師になろうと思って大学で教員免許を取ったんですが、教育実習にいってちょっと違うなと思い、いろんな仕事をしてみました。そしたら、いつも行っている美容師さんからカットモデルを頼まれ、賞に応募したんですが獲れなくて悔しい思いをして……。その後、地元の廃校が映画『クローズZERO』のエキストラを募集していたので出させてもらったのですが、そこでもまた悔しい思いをしたんです。それから現場にいる1カ月の間、役者さんやスタッフさんと仲良くなって、「芝居やりたいんです」と話したら「東京出てきなよ」と言われたので、1人で東京に出てきました。実際に来たら、みんなに「本当に来たんだ」って言われて(笑)。今も仲良くして頂いています。

――好きな異性のタイプを教えてください。

前内 以前は、一緒に何かをして笑っていられる人がいいなって思っていたのですけど、先日友達の結婚式に行って、結婚を決めた理由が「相手を尊敬できる」というのを聞いて、お互いを尊敬できる人がいいなと思いました。

――子どもの頃はどんなお子さんでしたか。

前内 すごく体が弱くて入退院を繰り返して、小さい時の写真が病院で点滴を打っている写真というくらい病弱でした。毎晩眠れなくて親には迷惑ばかりかけていましたね。身体はよくなかったんですけど、小さい頃からスポーツが好きで、サッカーをやったことで、だんだん免疫がついてきたんです。

――今後どの様な活動をしていきたいですか。

前内 モデルとして被写体の仕事をしていると、自分の変化だったり映り方が学べて、その経験を今度は映像のお仕事に生かすことができると思うので、すべての仕事が大事ですね。声優のお仕事にも興味があるし、どの仕事もやれるものは全部やっていきたいです。

――今度出演する舞台についてお聞かせください。

前内 『殿といっしょ』の明智光秀という役を演じます。色々と勉強中で、先日関西に帰った時に、本能寺に行って書物とか読んできました。できる限りのとこは勉強して役にのぞもうと思います。『ミュージカル 忍たま乱太郎』では今回の四弾で5回目の出演となります。台本も変わりますし、アニメや原作でみなさんが思っている食満を越えられればと思います。新キャストの方たちからも影響を頂きつつ、僕も今までやってきたという誇りで引っ張って、楽しんで演じたいと思います!

【私物チェック☆好きなモノの写真を撮ってきてください!】

maeuchi-syame.jpg
(左)フォーマルなスーツ姿がレア!
(中)ベアブリックのコレクトが趣味?
(右)本棚いっぱいのマンガ!

maeuchi-last.jpg

前内孝文(まえうち・たかふみ)
1985年12月25日生まれ 血液型B型 家族構成は、父、母、姉、兄、祖父、祖母、曽祖母という大家族で育つ。代表作は、『ミュージカル 忍たま乱太郎』 食満留三郎役。劇団スーパーエキセントリックシアター『タイツの花道~王道編~』、舞台『巌流島でまってるね』主演・宮本武蔵役など。
公式ブログ

舞台版『殿といっしょ』明智光秀役
公演期間:2012年11月21日(水)~11月29日(木)/9日間 全13公演
会場: 吉祥寺・前進座劇場 公式HP

『ミュージカル 忍たま乱太郎』第4弾『最恐計画を暴き出せ!!』食満留三郎役
公演期間:2013年1月9日(水)~1月20日(日)/ 全17公演
会場: サンシャイン劇場(池袋) 公式HP

キャストが仲よすぎで微笑ましいわ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク