[女性誌速攻レビュー]「MORE」11月号

ミスは許さない! サプライズに憑りつかれた「MORE」のプロポーズ特集

more201211.jpg
「MORE」2012年11月号/集英社

 つい先日、胸元までのロングヘアーをばっさり切って話題となった蒼井優。今月の「MORE」では、40cmカットの舞台裏を大公開しています。題して「蒼井優さんの可愛すぎるフレッシュショート」。カットを担当した美容師さんいわく「コンセプトは“全体は端正に、部分は大胆に”」とのことですが、抽象的すぎて意味がよくわかりません。その点蒼井さんは、「シャンプーを使う量が減ったり、ドライヤーで髪を乾かす時間も短くなったり、ショートって環境にも優しいなって実感しています」と、ヘアカット1つに地球環境まで引っ張りだしてくるのはさすがです。巷では「十勝花子スタイル」などと呼ばれている蒼井さんショートですが、ご本人は大満足のようなので、ファンとしてはホッと胸をなでおろした次第です。ただ気になったのは「着る服やメイクによって、かなり印象が変わるんです。あえてダサい格好したり、ぐっとドレッシーにしたり……」という発言。あれ? 「ダサい格好」ってまさかライ○オンのCMのことじゃないですよね? あえてのベリーショート、あえてのダサい格好、「あえての神」蒼井さんからは今後も目が離せませんよ。前置きが長くなりましたが、さっそく今月のラインナップから。

<トピックス>
◎蒼井優さんの可愛すぎるフレッシュショート
◎秋は「ハンサム可愛い」ガールにならなきゃ!
◎サプライズ続出!みんなのうっとり/がっかり「プロポーズ」★SHOW

■「男前」「ハンサム」という言葉の虚しい響き……

 ひじあて付きツイードジャケットやら、ダボっとしたレタードカーディガンやら、アラレちゃんメガネやら「オジサンっぽいアイテム」を取り入れたファッション「オジカジ」が(女性誌界の)一世を風靡したのは去年のこと。今年も引き続きクラシカルなものが流行っているようで、「MORE」では今秋のテーマをこう表現しています。「秋は『ハンサム可愛い』ガールにならなきゃ!」。

 冒頭には「MORE」で絶対的な人気を誇る、加藤綾子似のスタイリスト、井関かおりさんのこんな言葉が。「フリフリやスイート一辺倒はもう古い!この秋はテーラードジャケットやパンツなど、“男前”なアイテムを取り入れた、すっきりシンプルかつハンサムなスタイルがトレンドの主役に」。いただきました、「男前」。女性誌における「男前」とは「アンタもう若くないんだからさ(いつまでもブリブリしてんじゃないよ)」を緩やかに表現した、非常に使い勝手のいいワードです。そういえば先月号の「私が輝く!秋こそ『女子力UP服』」でも、あの手この手で「女子力=男性ウケではない」ことを説明していました。

 とはいえ、例えばダブルのテーラードジャケットなどは、一歩間違えればAOKI感コナカ感満載になってしまう、上級者向けの難アイテム。そもそも「MORE」ファッションは一般性を重んじているがゆえ、あまりフツーの人がフツーに着るとフツーにモサつくという、悲しい矛盾をはらんでいるのですよ。そんな視点で考えると、この「ハンサム」路線、その裏に「けん制し合う女たち」という女性社会の縮図が見えてきます。「男目線とか関係ないし~」という背広女子が増えれば増えるほど、「やっぱワンピっしょ!」というトンビ女が油揚げかっさらいやすくなるという、皮肉な結末も。「MORE」は、ファッションでもちょいちょい「本音と建て前」を出してくるので、ついつい勘ぐってしまうのであります……。

■プロポーズのひな形はバブルと大して変わりません

 尖り過ぎない、ブリブリし過ぎない、女性から「いいね!」と褒められたい。「MORE」が標榜する「オシャレ」とはそういうところにあると思うのですが、かといって「自分の着たい服を着る」なんて言っていると、YOUとか小泉のKYON2センセイとか蒼井優とか「サバサバ(している自分にうっとり)女子」という人生のダークサイドに陥ることも……。そういった危険性を十分把握しているのが、賢い「MORE」読者。今号の読み物ページ「サプライズ続出!みんなのうっとり/がっかり『プロポーズ』★SHOW」には、そんな「MORE」の本音と建て前が溢れております。

 タイトル通り、綿々と綴られる「うっとりしたプロポーズ」と「がっかりしたプロポーズ」のエピソード。「誕生日、夜景の見えるレストラン、婚約指輪」はもちろんマストで、「花火大会でハート型の花火が上がった後に」「婚約指輪が飾られたケーキが突然運ばれてきて」「フォトブックの最後に“結婚しよう”の文字」など創意工夫にあふれたプロポーズ話が紹介されています。

 さらに安めぐみや木下優樹菜、小倉優子などタレントたちの「プロポーズすべらない話」も挟み込まれ、かなり高カロリーな内容に。小倉優子が「1度目(のプロポーズ)は普通すぎたので“もう1回やって!”と指輪を返した」とうエピソードにドン引き。「その後交際2年目の記念日に“結婚しよう”という文字の書かれたケーキを用意してくれました。さらにビスケットで作られた台には、結婚するときに欲しいと思っていたハリー・ウィンストンの指輪も!」でさらにドン引き。というか、1回目の指輪と2回目の指輪は違うのですか? というか、ハリー・ウィンストンに浮かれるアナタはおいくつですか? あまり考えたくない疑問が心を横切ります。

 しかし本当のドン引きは、ここからでした。「がっかりプロポーズ編」では「アナタ何様?」モードがフルスロットル。「演出として予約していたヘリコプターが悪天候で飛ばす、結局自宅でプロポーズ」「昼間に遊園地、その後おしゃれなレストランでプロポーズのはずが彼がシャンパンでベロベロに。弱り果てた声で“結婚してください……”」「プロポーズの為に友人たちに自分のことをあれこれリサーチ(人気の指輪ブランドなど)。それが自分に伝わっていたため、イマイチ盛り上がりにかけた」「自宅に突然やってきて、ドアが開いた瞬間に跪き、バラの花束を差し出してプロポーズ……その時たまたまドアを開けた母親に」etc。いやいやいやいや、結構努力してると思うんですが、ダメなんですかね。裁判長! 情状酌量を……。

 しかし一番の謎は、特集の最後に紹介されている「貸切映画館」や「サッカースタジアムでプロポーズ」など巷で人気のサプライズプロポーズプラン。これをどうやって彼氏に教え、どうやってうっとりプロポーズへと導くのか……まさにサプライズの形骸化、ですね。

 ファッションでは「モテとか気にしない~」と言いながら、プロポーズでは「普通じゃイヤ。努力してくれなきゃイヤ。驚かしてくれなきゃイヤ。ハリー・ウィンストンじゃなきゃイヤ(※ゆうこりんのみ)」というこの激しい本音と建て前。それに引き換え、連載ページで「私のお気に入りフード」として、大量の松茸と大量の毛ガニを紹介している紗栄子さんの、金と欲に向かったまっすぐな潔さ! 何はさておき、「MORE」読者のプロポーズにかける並々ならぬ思いを知り、「ブライダル産業はまだまだ安泰だな」と感じた「MORE」11月号でした。
(西澤千央)

昨今の20代女性に欠けていた「何様ぶり」が復活ね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク