芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

jinakanishi01.jpg
スペシャル感に溢れていたJIN

 27日、ギネス認定を記念した舞台『ジャニーズ・ワールド』製作発表の場で、でジャニー喜多川社長が、久々に赤西仁についてコメントした。スペオキ(スペシャルお気に入り)だった赤西に対するジャニー喜多川社長の思いは、メディアやファンが想像する以上に、複雑なものだったようだ。

「ジャニーさんは、『復帰の前に、ファミリーとしてやっていってくれないと』と、赤西の復帰時期についてはコメントしませんでしたが、黒木メイサとの間に先日誕生した第一子について『いかに責任を持って育てるか。我々も協力していきたい』と言及し、突き放すことはありませんでした」(週刊誌記者)

 ジャニーズ勢はこれまで、事務所に無断でデキちゃった婚をした赤西に対して、祝福を明言することはなかった。むしろ印象的だったのは東山紀之が「大人はルールを大事にしていくのが基本」と苦言を呈したことだろう。しかしその裏で、ジャニー喜多川社長は、赤西、そして黒木に対する愛情を捨てきれずにいるという。

「あまり知られてはいませんが、ジャニーさんは赤西だけでなく、黒木もお気に入りだったんです。黒木が沖縄から上京してきた頃から目をかけており、彼女の出演作にはジャニーズタレントを共演させて数字アップを図ったりと、公私にわたって黒木をバックアップしてきました」(芸能プロ関係者)

 メイサ所属の「スウィートパワー」とジャニーズといえば、東山紀之と内山理名の交際が有名だろう。両者は交際から破局まで、自ら公の場でも認めている。ただでさえ交際ネタには厳しいジャニーズと、こうしたイレギュラー事態が発生しても友好関係が続いていることも、すべては黒木がジャニー喜多川社長の“スペオキ”だったことが理由だという。

「しかしメイサは、同じくスペオキだった赤西と突然のデキ婚。ジャニーさんからすれば、目をかけていた2人から、同時に裏切られたわけです。それでも、まだチャンスを残していると語ったのは、いわば最後の親心なのかも」(同)

 すでに復帰後の仕事が決定している黒木に対し、現状活動予定は白紙のままの赤西。ジャニー喜多川社長の、いわば“息子と娘”である両者が、その親心に報いる日は訪れるのだろうか?

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます
関連リンク
powered by newziaコネクト

PR

サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップや劣化情報などをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!