[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

黒木メイサもスペオキだった!? ジャニー喜多川の知られざる親心

jinakanishi01.jpg
スペシャル感に溢れていたJIN

 27日、ギネス認定を記念した舞台『ジャニーズ・ワールド』製作発表の場で、でジャニー喜多川社長が、久々に赤西仁についてコメントした。スペオキ(スペシャルお気に入り)だった赤西に対するジャニー喜多川社長の思いは、メディアやファンが想像する以上に、複雑なものだったようだ。

「ジャニーさんは、『復帰の前に、ファミリーとしてやっていってくれないと』と、赤西の復帰時期についてはコメントしませんでしたが、黒木メイサとの間に先日誕生した第一子について『いかに責任を持って育てるか。我々も協力していきたい』と言及し、突き放すことはありませんでした」(週刊誌記者)

 ジャニーズ勢はこれまで、事務所に無断でデキちゃった婚をした赤西に対して、祝福を明言することはなかった。むしろ印象的だったのは東山紀之が「大人はルールを大事にしていくのが基本」と苦言を呈したことだろう。しかしその裏で、ジャニー喜多川社長は、赤西、そして黒木に対する愛情を捨てきれずにいるという。

「あまり知られてはいませんが、ジャニーさんは赤西だけでなく、黒木もお気に入りだったんです。黒木が沖縄から上京してきた頃から目をかけており、彼女の出演作にはジャニーズタレントを共演させて数字アップを図ったりと、公私にわたって黒木をバックアップしてきました」(芸能プロ関係者)

 メイサ所属の「スウィートパワー」とジャニーズといえば、東山紀之と内山理名の交際が有名だろう。両者は交際から破局まで、自ら公の場でも認めている。ただでさえ交際ネタには厳しいジャニーズと、こうしたイレギュラー事態が発生しても友好関係が続いていることも、すべては黒木がジャニー喜多川社長の“スペオキ”だったことが理由だという。

「しかしメイサは、同じくスペオキだった赤西と突然のデキ婚。ジャニーさんからすれば、目をかけていた2人から、同時に裏切られたわけです。それでも、まだチャンスを残していると語ったのは、いわば最後の親心なのかも」(同)

 すでに復帰後の仕事が決定している黒木に対し、現状活動予定は白紙のままの赤西。ジャニー喜多川社長の、いわば“息子と娘”である両者が、その親心に報いる日は訪れるのだろうか?

ジャニーさん、メイサは美男じゃなく美女だよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. 『カウコン』意外な舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー