ゲイ・コミュニティの痛烈なツイート

パリス・ヒルトン「ゲイは大半がエイズ持ち」発言で大バッシング

ParisHilton04.jpg
まず自分の顔の変化を確認しよう!

 31歳になっても相変わらずハジけた生活を送っている、パリス・ヒルトン。お騒がせセレブ・クイーンの座はキム・カーダシアンに奪われてしまったが、バッシングの標的からは、まだまだ外されていないようである。パリスが、タクシーの中で友達と会話しているテープが流出したのだが、その中の彼女の発言がメディアから叩かれている。

 20日に流出した問題のテープは、今月7日早朝、ニューヨーク・ファッション・ウィークが開催されているマンハッタンで、パリスが友人と共に乗り込んだタクシー内で録音されたもの。一緒にいた友人はゲイだとカミングアウトしている男性モデルで、パリスに“好奇心旺盛な男性のレーダースコープ”というキャッチフレーズで知られるアプリ「Grindr」について説明しているところからテープは始まる。

 「だからぁ、『Grindr』にログインするじゃん。そしたら、自分が今いるビルの中で、すでに『Grindr』にログインしてる人がどこにいるのかを教えてくれるわけ」と説明する男性モデルに、パリスは「オェ~。ファックするために?」と質問。友人は続けて、「で、例えば6階にいる男に、“ねぇ、ファックしない?”ってメッセするのよ」と説明し、パリスは「ゲェ~。オェ~。ゲイって本当にムラムラしすぎ。世界で一番サカってる人たちよね」と率直な感想を述べている。

 次に別の男性の声で、「ゲイってトゥー・マッチ。やりすぎだよね」という言葉が入り、続けてパリスが「本当、マジで気持ち悪い。ていうか、大半がエイズ持ちでしょ…… アタシがゲイだったら超おびえてるわ。エイズで死ぬんだから」と吐き捨てるように言ったのだ。

 パリスのこの発言に、ゲイ・コミュニティは敏感に反応。「“世界一サカってて、気持ち悪くて、きっとエイズ持ってる”。これって、そのまんまパリスのことじゃん!」と、怒りを通り越して呆れ返る声も上がっている。

 「Grindr」はアメリカだけでなく世界中のゲイが利用している、ゲイのための出会い系アプリ。お手軽なセックスパートナーを求めて登録するゲイが多いとされている。2年前、オーストラリアに滞在していたジョージ・マイケルが「Grindr」に登録したという情報が流れ、登録写真から本人に間違いないと大きな話題になり、知名度が一気に上がった。

 「Grindr」側はパリスの今回の発言を受けて、公式Twitterで、「パリス・ヒルトン、率直に言ってあなたが『Grindr』を知らなかったことに驚いています。あなたがデートしている男性を見てると、もっと早く知っててもいいのにって思うから」とツイートし、パリスの元カレ、ダグ・ラインハートが妖精のコスプレをしてハロウィン・パーティに出席した時の写真を掲載した。

 このハロウィン・パーティの写真は2009年に撮影されたもので、マッチョな体に純白の羽つきのミニドレスを着たダグに、同じく純白のドレスをまとったラスベガスのショーガール風のパリスがベッタリと寄り添うもの。ダグはゲイではなくストレート。「Grindr」はそれを知った上でツイートし、パリスの問題発言をジョークでかわす余裕を見せた。

 パリスはダグと結婚したいと思っていたのに、彼にはその気がなく、10年春に振られている。その時、パリスはしばらく振られたことに気が付かず、Twitterで「100%破局してませ~ん」と呑気にツイートし、笑われた。「Grindr」が今回Twitterにダグの写真を貼ったのは、パリスの古傷に塩をすり込むのも目的だったのかもしれない。

 広がるパリス・バッシングを止めたい彼女のスポークスマンは、「パリス・ヒルトンは、プロテクション(コンドームなど)なしのセックスをすると命を脅かす病気に感染してしまう可能性があること、とても危険なことなのだということを表現したかったのです。今回流出した会話は、パリスと親しいゲイの友人の間で交わされていたもの。エイズに感染したゲイが、プロテクションなしのセックスをしているという話題から、面識のない者同士でセックスをするということを推奨しているアプリの話になりました。問題とされているコメントは、アプリを見せられた彼女が、その場限りのセックスを求めている一部の登録者に対して発したものなのです。録音したタクシーの運転手は、会話の一部分しか公開していないので、誤解を招いたのです」と弁解する声明文を発表。「パリスは、すべてのゲイの人たちを傷つけようと思って発言したわけではありません。パリスは、ゲイ・コミュニティを強く支持していますし、性的指向についてネガティブな発言をすることは絶対にありえません」と強調した。

 パリスにゲイの友人がいることは知られていることであるし、ゲイの友人を前にして、すべてのゲイをコキおろす発言をしたとは考えにくい。恐らくスポークスマンが弁解した通りなのだろう。しかし友人とのフランクな会話が流出したことで、もともとよくない彼女のイメージがさらにダウンしてしまったことは事実だ。

 お騒がせセレブから、完全にイタいセレブになってしまったパリス。名誉挽回し、復活する日は果たして来るのだろうか?

「オワコン」を受け入れる心境ってどんなだろ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  18. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  19. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと