まさか、剛クンのことを掘り返す気?

オスカー「恋愛厳禁」の鉄則は? 上戸彩がHIROと結婚できたワケ

uetoaya-book.jpg
『上戸彩 20・25』/角川マーケティ
ング

 初報道から2年、ようやくEXILEのリーダーHIROとの結婚を発表した上戸彩。つい先日まで飛び交っていた破局報道も払拭し、現在は引っ越し先の高級マンションで新生活をスタートさせていることも明らかになった。しかし「恋愛厳禁」など、厳しいルールを持つオスカープロモーションで、なぜ上戸だけが、「20代で結婚」という夢をかなえることが許されるのだろうか?

 上戸は2003年頃、V6・森田剛との交際をスタートさせる。当時上戸は、休みの日や空き時間ができるたびに森田の自宅を訪ねていたという。

「しかし、やがて双方の事務所はスケジュール調整を行い、2人を絶対に会わせないようにしました。『結婚願望の強い上戸が、煮え切らない態度の森田から離れていった』というのが通説になっていますが、実のところは事務所によるプレッシャーで引き離されたというのが真相でしょう」(週刊誌記者)

 交際発覚当初、オスカーとジャニーズは共演NGの敵対関係にまで発展してしまった。森田との仲が最後に伝えられたのは、10年ホワイトデーのお泊まりを報じた「女性セブン」(小学館)だったが、HIROと交際を始めたのは、この直後だったようだ。こうした上戸に関する事務所の“縛り”も理解していたというHIROは、上戸の親だけでなくオスカーにも交際報告を行い、先に筋を通してから結婚への道筋を作っていったという。

「オスカーには異性交遊を禁止するなど、宝塚歌劇団のように、『13箇条の掟』なるものまで存在しており、所属タレントの最初の仕事は、これをすべて暗記すること。さすがに30を過ぎればうるさくは言われないようですが、20代前半から熱愛を取り沙汰された挙げ句、27歳で入籍した上戸は、やはり事務所内でも完全に別格ですね」(芸能プロ関係者)

 事務所の屋台骨を支える看板タレントだった上戸だけに、ルール違反ともいえる結婚が許されたのは少々不思議に見える。しかし立つ鳥跡を濁さずということか、交際期間中に事務所内での調整も図られていたようだ。

「オスカー内には“社長枠”という言葉が存在します。K社長は所属タレントの中でも特にお気に入りを複数指名しており、彼女たちに関してはドラマやCMなど、一つひとつの仕事まで社長自らが担当するんです。この“社長枠”の筆頭が上戸でしたが、HIROとの結婚が現実味を帯びてきた時期から、オスカー関係者は『武井咲、剛力彩芽、忽那汐里がウチの主力です』と繰り返し語り始めたので、現在はこの3者にシフトしたということでしょう」(同)

 このように、周りが徐々に調整を行っていたようだが、実際の入籍については、上戸のマネジャーでさえ発表直前に知らされたそうで、“事務所突破婚”とみる向きも強い。しかしこの10年間のすべてを、芸能生活に捧げて夢をかなえた上戸だけに、今後は幸せな家庭を築くことに注力してほしいものだ。

だ~か~ら~、剛クンのことを掘り返さないでよ~!!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  10. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  11. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  15. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに