真の離婚原因は何?

泥沼離婚劇のハイディ・クルム&シール、互いに新恋人ができて一気に決着?

HeidiKlum01.jpg
まだ仲が良かったころのハイディとシール

 ドイツ出身のスーパーモデル、ハイディ・クルム(39歳)と歌手のシール(49歳)が電撃的に別居を発表したのは今年1月のこと。その3カ月後には離婚に向けた手続きを開始したのだが、婚姻後に財産等の取り決め契約を結んでいたにもかかわらず泥沼化。ハイディは「すぐにキレるシールの激しい気性が離婚原因」だと話して同情を集めていたが、ボディガードと親密な写真が撮られ、シールが「ハイディがボディガードの姦淫が離婚原因」と暴露。慌てたハイディはトーク番組に出演し、ボディガードと交際していることを認めた上で、「結婚生活を送っていた時は、シール以外の男には目もくれなかった」「でも別れて、彼は彼女を作った。私も同じことをしているだけなのよ」と、しおらしく弁解。ファンも事態の変化についていけず、両者の食い違う意見だけが飛び交っている。

 別居を発表した直後から、一貫して原因はシールの短気でキレやすい性格にあるとリークし続けていたハイディ。シールと昔付き合っていたという元カノも登場し、「シールは本当にキレやすい男。嫌な男なのよ」と暴露したため、シール=悪というイメージが定着。ずっと我慢してきたというハイディに同情が集まり、シールは冷たい目で見られるようになった。ハイディとの離婚をどうにか回避しようと必死だったシールだが、7月に入り、ナイスボディな若い美女とラブラブモードで地中海バカンスを楽しむ姿がパパラッチされた。切り替えの早い男だと、ますます世間の風当たりが強くなった。

 が、しかし、その後ハイディもボディガードと親しげにしている姿がパパラッチされ、シールは突撃取材をしてきたパパラッチを前に、「結婚生活を送っていた頃から、彼女は奴と姦淫していた」と爆弾を投下。すぐに、ハイディの友人なる者がメディアに登場し、「ボディガードは、彼女がシールと別れる時にいろいろサポートしてくれた。恋愛感情が生まれたのは離婚を決意した後のこと」だという情報をリークしたが、「シールが邪魔になり別れたのか」「なんてしたたかな女なんだ」という声が高まるように。そんな世間の反応を受けて、ハイディがトーク番組で“新しい恋愛”について語った。

 ハイディは、国民的アンカーだったケイティ・クーリックの新トーク番組『Katie』に、モデルとは思えないほどおとなしい服装で出演。ケイティから、「シールが、『結婚生活を送っている頃からハイディはボディガードと姦淫を行っていた』と発言したけれど、『姦淫』って言葉を聞いた時、どう思った?」と聞かれ、「そうね、彼は本当にユニークな言葉を使うわよね。私はもう慣れているけど、みんなびっくりよね」と回答。「私たちは別れて、彼は新しい女性と付き合うようになった。私も同じ」「新しい恋愛をするのって難しいことなのよ。みんなの注目を浴びている中で新しい恋をするなんて不可能に近いわ」「でも、私だってデートしたい。私、もうすぐ40歳になるのよ」と胸の内を吐き出すように言った。

 ケイティはここで核心を突き、「ということは、今、あなたには恋人がいて交際しているの?」と質問。ハイディは、「交際って言えるのかどうか、まだわからない。だって、付き合い始めたばかりだから」と述べ、「相手はボディガード?」という問いには、「えぇ、彼は4年前からうちの家族のボディガードをしていて、家族を守ってくれる、特に子どもたちを守ってくれる存在なの。彼になら子どもの人生をも任せられる、それくらい信頼しているの。本当に素晴らしい男よ。そんな彼のことを、最近になって別の角度から見るようになって、ね」と答えた。

 恋心を語るハイディに、ケイティは、「まだ彼との関係がどうなるかはわからないのね。今は恋愛を楽しんでいる時期なのかしら」とコメント。するとハイディはキリッとした顔になり、「今は子どものことで頭がいっぱいなのよ。一番上の子は8歳、一番下の子はまだ3歳。母親として、子どもたちを守っていかないといけない。いいママになりたいし、子どものことでいっぱいよ」と男に浮かれているわけではないことを強調した。

 そう話す理由は、やはり泥沼化している離婚条件にある。別れたくなかったシールだが、ハイディの気持ちが固まっていることを知ると、子どもの監護権や資産をめぐり応戦を開始。ハイディは離婚の条件として、「4人の子どもたちの親権を共同で持つが、監護権は自分が持つ」「シールには定期的に子どもたちと会う機会を与える」「離婚後は扶養料は支払わない」「離婚に関する弁護士の費用はそれぞれが支払うこと」を要求しているのだが、シールはこれに強く反発していると伝えられた。複数のタブロイドの報道によると、シールは「自分も監護権を持ちたい」「共同資産もきちんと分けるべき」だと主張。シールは1,500万ドル(約11億8,000万円)、ハイディは7,000万ドル(約55億円)の資産を持つとみられており、話し合いは平行線のまま長期化するだろうと伝えられていた。

 が、事態は一変。「TMZ」によると、ハイディとボディガードの写真により未練がなくなったシールは、婚姻後に交わした財産等の取り決め契約に沿い、今すぐにでも離婚を成立させたがっているとのこと。「姦淫」発言もまずいと思ったのか、「まだ離婚が成立していないのに、という意味で使った」と弁解した。ネットでは、「それなら姦淫なんて際どい言葉は使わないだろう」「これがキレるということなのか」という意見が出ており、「ハイディが浮気していたのは本当なのでは」という声も多く上がっている。

 ほかの男の赤ん坊を妊娠中のハイディと交際をし、出産にも立ち会い、後に生まれた3人の実子と分け隔てなく無償の愛を注ぎ、最高のイクメンだと言われたこともあったシール。オシドリ夫婦として知られ、毎年ファンを楽しませていた個性的なハロウィーン・コスプレパーティーも今年はないのかと思うと少々寂しいものがある。

昨年のハロウィンのコスプレはこちら

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク