その他

人気声優とイラストレーターが作り出す「官能」の世界へご招待!

kanata.jpg

 イラストレーターいしいのりえが手がけた絵と小説で織り成す魅惑的な「官能」の世界を、声優・岩田光央が朗読するユニット「カナタ」。

 「官能的な物語をイラストと朗読で表現する」という新しい試みに注目が集まり、本サイトでも以前インタビューを行った「カナタ」が、今回、人気声優の関智一、東地宏樹をゲストに迎え、『「あぶな絵、あぶり声~茜~」帰り道、あの人に抱かれたくなる』を、10月13日(土)・14日(日)に大阪で、10月20日(土)・21日(日)に横浜で上演します。

 「官能」と聞くと、「男性向けなのでは?」と思ってしまうかもしれません。しかし、「カナタ」が目指すのは、単なる官能ではなく、「心の先に身体がある」をテーマにした「愛交ストーリー」。岩田光央をはじめとする声優の朗読により「聴覚」を、いしいのりえの挿絵により「視覚」を刺激されるという、繊細で美しい官能の世界が堪能できる、女性向けの舞台なのです。

 公演がすべて「女性限定R18指定」というのも、この舞台の特徴の1つ。だんだんと肌寒くなり、お肌も心もかさかさに乾燥し出すこの季節に、大人の女性たちだけのナイショの空間を満喫して、心も体も潤してみませんか?

 今回は、この 『「あぶな絵、あぶり声~茜~」帰り道、あの人に抱かれたくなる』の

【大阪公演】10月13日(土)18:30開場 19:00開演
【横浜公演】10月20日(土)18:30開場 19:00開演

 それぞれの回に、3組6名様ご招待しちゃいます! 下記の応募フォームより、奮ってご応募ください。

公演情報
『カナタPresents「あぶな絵、あぶり声~茜~」 帰り道、あの人に抱かれたくなる』
【出演】カナタ 岩田光央 いしいのりえ
【ゲスト】関智一  東地宏樹

【大阪公演】  
日時:
2012年10月13日(土) 
開場14:30 開演15:00/開場18:30 開演19:00

2012年10月14日(日)
開場12:30 開演13:00

会場:OBP円形ホール
料金:全席指定 5500円(税込)女性限定(R18)
お問い合わせ:キョードーインフォメーション 06-7732-8888

【横浜公演】
日時:
2012年10月20日(土)
開場14:30 開演15:00/開場18:30 開演19:00

2012年10月21日(日)
開場12:30 開演13:00/開場16:30 開演17:00

料金:全席指定 5500円(税込)女性限定(R18)
会場:横浜ランドマークホール
お問い合わせ:KMミュージック 045-201-9999

主催:アクロスエンタテインメント/バードランドミュージックエンタテインメント

「カナタオフィシャルブログ」

※9月24日正午応募〆
ご応募はこちらから

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと